December 31, 2023

初めましての人はまずこちらから。(※この記事は常に上に表示されます)

私、ニコニコ動画でアイマス動画なんかを投下しております「(元)高本課長P」と申します。
気まぐれで活動しているなんちゃってニコマスPです。

どんな動画を投下しているかと言いますと・・・。

○Sound Side(旧活動跡)
マイリスト

○PV Side(アイデア枯渇して無期限停止中)
マイリスト

○架空戦記(現在の主戦場)
マイリスト

○ノベマス(※オイル漏れP名義です)
マイリスト

○ごみ箱(※本当に下らないものしかありません)
マイリスト

→ついったもやってます:Garage_TalkP
(音ゲーとか、車とか。呟く時と呟かない時の差が激しめ、ネガ注意)

こんな感じで節操なく投稿しています。
尚こちらのブログはリンクフリーですのでお気軽にリンクしていただいて構いません。
(※相互リンクも歓迎致します)


  
Posted by takamoto_and_tiup at 23:59Comments(1)TrackBack(0)雑記・その他 | 動画紹介

October 11, 2014

2014年も終わろうとするそんな10月のある日

→ガレージトークP復活だよ!と言っても相変わらず編集が進まないですが。

現在急ピッチで横浜2次予選を編集中。そろそろレースシーンに入れるかも・・・
と言う所ですけど、実際公開は11月頭頃になりそうな悪寒。てのも編集が遅れると言う以上に
決勝までにもう一つプロセスを踏まないとなので、そっちの編集が多分・・・。

とりあえず「横浜2次予選やるんだ!?」みたいな(嘘予告的)動画は来週中に上げる方向で動いてます。
そこでちこっと上で言った「プロセス」をお見せできればなぁ・・・と。

そういえば前に本編(この間のDC版でなく、正式なナンバリングとして)出したのいつだっけ?と思い調べたら
・・・軽く4年前なのね(2010/01/30)さすがに4年も待ってる人なんか居ないだろうし、そもそもニコ動すら
見てないわって人が大半な気がする。と言うか私のP歴もこれ相当・・・ここは触れちゃダメなやつだ。

ちなみにレースシーンの実況フォントPを16くらいまで引き上げるかなぁ、と思いつつも調整長引いたらDC版の14Pで押し切ります。
もし「小さいよ!」とか言われても「じゃあその調整のために、もう数週間伸ばしても良いと言うなら調整します」と
ちょっとキレ気味に返しますよ。なんせ実況原稿の推敲に相当時間掛けますからね。

14Pだと割と押し込めるので、フィーリングで書いた原稿でもほぼ問題なく入るのですけど、ここから2P大きくするだけでかなり食み出てしまう。
その上段数多くすると、これまた見辛い問題が発生してしまうので本当1文書くのに3時間、とかザラに掛かります。
いや一番の問題は語彙力がない私の能力なんですけども。

もう一つ付け加えると、DC版の実況は紙芝居クリエーターで作った動画をBBくり抜いて編集してる(て、書いた気がしないので一応書いておきます)のですが
どうも綺麗に抜けないと言うか・・・BB講座みたいなのを見ても基本あどべ向けなので、未だ旧NiVE使いの私には何が何やら。

のでこっちの調整にもまた時間を取られるかと。マジで普遍的な編集ソフトが欲しい。
そしたら文字打ち苦労しなくて良いよ!的な文字エフェクトあったりしてね・・・そしたら笑えないけどさ。
そんな感じの「進捗ダメです」報告。ついの方で逐一「進捗どうですか?」と飛ばしてくれるbot募集します(白目  
Posted by takamoto_and_tiup at 09:22Comments(0)TrackBack(0)

March 20, 2014

ブログ名を変えた後の方が更新しないとか・・・ね。

→やらかすと思ったよ!でもその間に良いこともありました。

何とPC新調ですよ、流石にもうあのPCじゃ(※10年以上落ちてた上に30分くらいすると一方的に電源断の恐れあり)無理と判断。
i7!W8!HDD 1TB・・・は外付けだと普通になってしまってあんまりインパクトありませんね。
とにもかくにも新しくなって環境新調!さぁこれで捗るぞー・・・と思ったら



未だに気持ちが浮ついてて手が付かないね!未だに慣れないと言うのもありますけど。
ただPC新調したらどうしてもやりたかった事があって、これも動画作らない一因になってると言うか・・・。
今のところ上手く折り合わないので、折り合えば良いんですけどいつになるやら。

ええ、着任したんですよ(良く読めないサーバーだが) 実際着任したのはPC新調する前で、その時は
「重過ぎ動く気配ない問題」に悩まされ投げ出したのですが、まーその問題が解決されてしまった訳で。
こりゃやらん訳にもいかないでしょ、とやり始めたが運の尽きだったよ、完全にハマってるじゃねぇか! 

おかげで余計に気持ちが浮ついて作業が出来ない。マジで今やらなければ良かった・・・。
ちなみに現在は2-4攻略中。3ヶ月空いて2-4まだ越えらんないの?とか聞かれそう。まだ着任2週目だよ!

「じゃあその間何してたんだ!」とどやされても仕方ない、いやでも上記で書いた通りでしてね?
勝手に電源断するのが怖かった上にその裏でもう一つ購入したものがありまして・・・。

昨年末に上手いこと資金が転がり込みましてPS3買いました、ついでにGT6まで買いました。
・・・そこはアイマス2じゃねぇの!?―――いやそれがですね、アイマス2に関しては箱○版プレイ済みでして。
最初の負け戦(vs.竜宮)で心折られてから一度も起動せず。あとギスギスシステムが見てて辛い。

つまりそういう事です。と言うか以前も何処かで書いた気がするんですけど、2とかハイスペック過ぎて扱いきれない。
あれで普通に動画作ってる人を見ると「すげぇ・・・」と感嘆してしまうほど。例え素組のPVでも無理っしょ・・・。

ただいつまでも借り物Pで居るのもなぁ・・・と裏でこっそりNPV取って作ろうとしたんですがね?
それこそ無理だったね!マジで腕が無かった。どうやってあんなところからPV作ってるんだ他のPさん・・・。
何と言うか単純なとこでも「想像力の欠如」が如実に出た結果なんだろうなと思ってます。

かと言ってあの素材を使わないのもなぁ・・・とは思ってるので、いつか別の形で公開できれば。
ちなみにこの素材を撮ったのも新調"前"なので、どうやって撮ったか想像していただければ画質はお察し。
知らなかったのだ・・・HDMI端子では保護が掛かるなど・・・!

てかてっきりPS3限定だと思ってた、箱でもダメなものはダメなんだな!
あ、ついでに私がすっごい隅っこの方で世界一を獲った動画も一緒に録画したのですが、これも形にするには
何かいろいろ面倒を踏まないと気が済まないので、いつになることやら・・・。

そんなこんなで、実のとこ6ばかりやってまして・・・おかげで達成率100%(+Pトロフィー獲得)までやったよ!
最早やる事と言えば・・・

・赤牛 Std.で資金稼ぎ
・ちょこっとだけオンラインでフリー走行
・赤牛 ファンのタイムアタック

この3つ、マジでやる事ないのね6・・・かと言って5買ってきたらそれこそ泥沼なので買いませんけど。 
ライトユーザー向けにと言う事なのでしょうけどライト過ぎな気が・・・5で飽きたと言われるのが予想以上に早くて
PS4までの繋ぎに出したのかと疑いたくもなるほど中身がない。ぶっちゃけ繋ぎにもならねーよばーかばーか!

でも新銀石とかブランズハッチが走れるのは6だからなぁ・・・あ、PCが新調されたからrFって手
はない。それも泥沼確定だっての。しかしそうか、PCゲー動くんだよな・・・。

絶対触れませんけど、触れたらいろんな意味で負けた気分になる。
いやでも艦これやってる時点で半分負けてる気もするな・・・これは提督退官しろって事か・・・!

==

冒頭艦これに触れてるじゃない、艦隊どんなの?と聞かれても晒せる程ではないので。
だって戦艦ないのよ!?空母とか良く分からないですし・・・とりあえず改二ってのが強い!と聞いたので
現在は千代田さんを改二(これ書いてる時点であと2Lv.)にしようかな、と。あとひびきん、可愛いよね!

・・・諸事情により今艦隊に入ってないんですけどね。とりあえずLv.30までは育てた、あと半分・・・。
と言うかそのあたり改二だから好きなんであって、改二以外の艦とか知らないだろ!?と聞かれたら7割くらい
「はい」と答えちゃうなぁ・・・とりあえず重巡は上級者向けと分かった、あれ有効に運用するの難しすぎる・・・。

でもひびきんは改とべるで棲み分けさせるつもり。まさかの遠征要員で2隻目育て始めるとは思わなかったですけど。

あと「後々要るんだよー」と言われてる艦がどれなのかさっぱり分からなくて拾った作った艦娘が居座ったまま
もう手一杯状態。これで戦艦とか出ちゃったら本当どうしよう・・・せめてどれが素材に回せるのか分かれば・・・!
ちょくちょくソシャゲ触ってる身ですけど、こういう時残したがりいで、(効率派には)向かないなぁとしみじみ思ったり。

ちなみにここではこれ以上の報告を行わないつもりです。ついではやりますけどね!
ネタに困ったらやるかもですが、そもそもユーザー数が100万単位で動いてるゲームなら、それに伴って
色んなタイプの記事を書く人も居るでしょうしね、今更そこに混ざろうとは思いません。

と言うかこの手のゲームは一人がどうこうしてるのを見るより掲示板のまとめ読んだ方が面白い気も。
まとめの場合でも玉石混淆ですけど、上手く掘れば当たりもあると思うんだ・・・多分・・・。

・・・ただ普通の記事に関しては更新頻度上げたいですね。
活動してるよ!ってのを少しはアピールしたくなりましたよ。過去にされるってあんなに辛いのか・・・。  
Posted by takamoto_and_tiup at 06:30Comments(0)TrackBack(0)

December 14, 2013

とりあえず"Wait""Please"の色調整は済ませたが・・・

→信じられぬミスが見つかり、大慌てで修正中の今日この頃。

やってしまった信じられないミス 001

・・・ご覧の通りです、斜め線の一つを数値指定し忘れて放置しっぱなし。だからアナログはダメなんだ・・・。
(※斜めの線を位置指定して、あたかも引いてるように見せているだけなのでこう言う事が起こる)

更に言うとこのミスはv:0.7あたりから見逃していたと推察されるため、ほぼ一年気付かなかったと言う事に。
当然ながら現在投稿されているv:1.00とDC版にもバッチリこの斜め線は存在しております。なんてこったい。

そしてもう一つ、修正しなければいけないミスが・・・。

わかりづらいようなミス 001

何かズレてる!これは今回のDC版で発生したミスですが、どうやら文字の位置指定が陰文字と白文字でズレて
しまっていたらしく、よーく見るとこんな事になってます。しかもこれが数箇所に及んでるとか・・・。
(※ここのシーンからコピーして、文字だけ減らしたシーンは全て10文字目がこんな感じでズレてます)

で、これだけで終わらない問題。本当なんでこう困った事案ばかり立て続けに起こるのか。

なんて日だっ!なぁんて日だっっ!

比較用 001
左:ガレージトーク単体での製作時の状況。 右:全部くっ付けた際の完成品。

完全にボケてる上、"Mode:Comment"の部分なんか凄い事になってしまってたり。
ナンデ!?モジボケナンデ!?アイエエエエエ!!

ケジメ案件どころかセプクものですよこれ、画質劣化がまさかこんなに進んでたとは思わなかった・・・。
もしかして10分とか超えるとIYUVコーデックだとマズいのだろうか、これから普通に10分超える内容の動画
ばかりなのにぃ・・・?まさか無圧縮で出せと申すか。死ぬぞ!HDDが!

この点に関しては早いうちに調べて何とかしないとヤバい・・・思い付きの動画とかも出来なくなっちゃうよ!

--

この中で一番深刻なのは2番目の「10文字目がズレてる」これは急いで全部修正かけます。
でないとこの後もズレっぱなしになりそうなので・・・文字数別で幾つかテンプレになってますし。

しかし早い段階でこういうミスが見つかって良かったです、横浜予選のガレージトーク終わるよーって頃にこういう
ミス見つけてたらヘコむどころじゃない、寝込む。生活に支障出ちゃうよ・・・。

・・・そうそう、DC版に関しては「横浜2次予選のガレージトーク出来てからねー」なんて言ってましたけど
前書いた通りです。そんなシーン数出来るかっ!なので普通に出来て直ぐ出しました。

そんな感じのミス報告。他にも「ここミスってるぞー」と言う部分があったら指摘していただけると助かります。
何せ確認作業をしていても飛ばし飛ばしなのでこういう見落としが結構あったりして・・・。
ただレースシーンに関しては幾つか仕様上無理な部分もありますので、やっぱりここだけは直せませぬ。

蛇足:今回のミス、Wait文字の変更等を受けて、正規版(v:1.00)をまたベータ版に差し戻そうかとも考えましたが
最近のゲームはアップデート繰り返してようやくまともなゲームになるよなぁ、って事で次回からv:1.03仕様として
そのまま据え置きとしておきます。・・・v:0.3で致命的とも言えるミスやってましたし、今更ですけど。

  
Posted by takamoto_and_tiup at 02:30Comments(0)TrackBack(0)架空戦記関係 

December 13, 2013

スマホのバッテリーが極端に減るのは係のせいだろうか。

→大相撲カード決戦にとうとう見切りがついたので今はガールフレンド(仮)こと係やってます。

と言うか相撲に関しては先月末に通信量制限にかかって全然イベント進められなかったのもありますけど。
いやお前アイマスPならモバかグリどっちかやれよ!?とか言われそうですけどやだよあんな課金ゲー。
係もその手のゲームですけど、R×4→HRが何故か楽しいのでやれてます。SR無くても下位なら戦えますし。

さて本題、横浜最終予選を24日までに上げて「っしゃー雪歩誕やるぞオラァァァッ!」と気合入ってたのですが
どうやら無理っぽい。何だ100シーン越えって、誰だよこんなストーリー書いたの。

しかも例によってコピペでやり切れるのが半数程なので、半数は新規で書き起こし。
もーやってやれんぞ!そんなん24時間フル稼働でやってようやく間に合うくらいのレベルだよ!
本当アナログでなく、もう少し効率の良いやり方を模索すべきなのでしょうか。本気で悩むよこれ。

・・・てかレースシーンの配置どうなのかなー?と思ってDC版上げたのにクセで埋れさせたら大変な事になった。
もう一度上げ直すなんて事はしないんですけどね。今度からはDC版仕様で固定します、何言われても直さん。

てかタグ追加すべきなんですかね、如何せん動画上げたのが久々過ぎて何もかも忘れてる。
一番使えないであろうPタグだけ固定とか一昔どころか二昔前なんじゃねぇの!?
でも万が一にも新規さん増えたら困る。これは1ヶ月とかで新作来るようなタイトルじゃないんだよ・・・。

まー増えたら増えたで嬉しいんですけど。このあたり自分でも面倒臭い性分してると思う、がやっぱり直さない。

そう言えばうちのブログのタイトルが「ミニカーとか、アイマスとか。」なのに最近はミニカー成分皆無だね。
いやブログに上げてないだけで、それこそ我が部屋はミニカー天国なのですが、今はむしろCDと漫画の方が
割合増してるような・・・特にCD。デカいCDラック2つ分使ってもまだ溢れるんじゃねぇのこれ。

なので近々ブログのタイトルを変えようかなぁ、と。心機一転更新を密にするぞ!って狙いもあるにはあるんです
けど、こっちは多分機能しない。いつも通り三日坊主だな。

そもそも「更新してる暇あったらリッジやれ!」って言われそう。いや今もなんですけど。
ただある程度ルーティンとして組んでおけばやる日やらない日とムラは出ない気がする。そのムラのせいで
例のDC版も遅れるに遅れる結果となった訳で・・・今回はそうならないようにせねば。

そう言いつつも既に数日分押してる状況。まーでも全体で言えば日どころか、月単位通り越して年単位で押してる
から進んでる分だけマシと思わないとまたグレる。とりあえずはブログのタイトルを変える事が先決だな・・・。

  
Posted by takamoto_and_tiup at 06:32Comments(0)TrackBack(0)雑記・その他 

結局「Wait」「Please」文字弄り忘れるという。

→本編作るまでの足固めにここまで時間費やすとは・・・。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22410065
(そろそろ何らかの貼り付けツール使うべきですかね)

そもそも外部に対して「張るなよ!」って制限してるから無理なんですけどね。
紹介されたりするのが恥ずかしいんですよ、だって半分くらいプレイ動画ですからね。

「アイマス部分は良いけど、プレイ動画部分が見苦しい」とか書かれた日には1週間寝込みます。

で、立ち直って動画を消す。どんだけメンタル弱いんだとか言われそう。

・・・早速愚痴(?)から始まってしまいましたね、いけない。
今回は現在鋭意製作中の『本編』とは異なり、細かいところで設定の違うDC版=2周目にあたります。
例えば1周目での合同テストには響が登場しませんでしたが、今回は登場しています。

またMMMの監督として律子が充てられているのもDC版のみ・・・と言いたいのですが、この配役があんまりにも
個人的にストライクだったので、MMM編まで及べばMMM編で普通に出ます。
と言うか妄想が広がりすぎて「やべぇDRT編おぼつかねぇ」と支障が出てるほど。律っちゃんああいう役似合うわ。

てか今回だけだと「律っちゃんは不憫」なんて。まぁでも勝負の世界で皆ハッピーは有り得ないですし。

そう言えば今回ようやくお披露目となったレースシーンの新配置、以前よりグッと画面が広がったと思いますが
転じて今度は字幕を追い辛い状態に。正直なとこプレイ画面に集中させないための策です。

枠を取っ払って全身像としたのは「あの枠に収めてるとどう見ても晒し首状態になる人が出る」と。
加えて画像加工の手間が省けた上、字幕を入れる専用のソフトを使う必要がなくなった為、実質製作時間の
短縮にも繋がりました。但し問題点も浮き彫りになりましたが。

今回取った方法はシンプルに「紙芝居クリエーターでGB背景の動画を製作し、NiVEで合成」するというもの。
この方法だと今回のように文字送りを加える事も可能なのですが、NiVE側での設定が不十分だったため抜くのが
かなり中途半端な状態での合成となってしまいました。しかもどう弄れば綺麗に抜けるのかちんぷんかんぷん。

もしかすると次回以降は別方法での製作になるかも知れません。ただここに時間を掛けてるとまた足踏みする
結果になりそうなので、案外「もうここは諦めよう」と言う事にもなりそうな。あんまり試行錯誤したくないですし。

ただ今回の動画は「とりあえず通しで作る」と言う事を目標にやっていたので、次回(今度は本当に横浜だよ)
はまた大幅な時間を取ってでの製作、とならないでしょう。何処が一番時間掛かるか分かりましたし。

--

細かい所の話では「日時表示」の画面を統一した点とか。

以前までは「この条件をクリアせよ」みたいな表示にしていましたが、スタイリッシュじゃないなぁと言う事で
今回から撤廃しました。本戦と同じ表記ながら細かい所が色々違っています。
ただ英語が物凄く苦手なのでところどころジャパングリッシュになっているような・・・それだけがもう心配で。

あと「R」のオブジェクトが回転するのも省略されています。本来であればローディングを表すものなのですが
録画した際、PS2の設定上で「ディスクの読み取り:高速」にしたら回転せず消えたので入れられなかったのです。

変わりに「あのエンジェル」でも表示させてやろうかと思いましたが、どうしても3Dモデルに拘りたくなってしまい
省略と言う形に落ち着きました。でもMMDモデルとかありそうで怖い、あったら次回には入れます。多分。
なんだかんだあった方がそれっぽいなーとも思えたので。オリジナルはまた録画となるのでそれは・・・。

次回以降もやるであろうガレージトーク部分の2枠表示、これもちょっと考え物・・・。

一番は喋ってないキャラが動くとどっちのセリフなのか分かり辛いと言う点。
作ってる側は分かっていても、受け手に伝わっているかどうか・・・これまた心配。

口調や内容から察する事は出来るはずなのですが、それでもキャラ名表示が文字枠と一緒に出来ない以上
誤解を招いてしまう恐れもあるなぁ・・・とか。対策としては以前のRRRチャンネルでも行った「Wait」表示を
喋っていないキャラに対して行えば良いのですが、個人的にはやりたくないんですよねぇ。

ここは何か言われたら即座に上記を実行したいと思います。大して手間掛からないですから。

あとは・・・レースシーンのBGMがああなったのは選曲センスの無さのせいです。普通にR4オリジナルで良かったですね。
特にRTS側、あれ実はリッジ関係のBGMじゃありません。威圧的な曲が欲しいなーと思って選んだ結果全くそぐわない
曲選んじゃったよ!かと言ってあれ以外でも「コレジャナイ感」半端無くて・・・やめときゃよかった。

何かひたすら悩みと改良点ばかり述べてますが、結果的には良い動画になったと思います。
後は製作スピードを上げられればそれで・・・てか結局今年も終わらなかったよ!急げばって言われても無理だからね!?
せめて予選終わらせたいものの、もう12月2週目か・・・(遠い目)

--

・蛇足と言う名のあとがき。

これ書いている時点では公開に移していないので、出来れば無反応のまま埋れていって欲しいなんてどこかで
願っているガレージトークPこと高本です。いや柿浦って書いたほうが良いのか・・・(※"放送終了"参照のこと)

出来上がってから気付いたのですがあれ何で10分超えてるの!?gdgdじゃね!?なんて。
DRTのアタックがほぼ5分半なのが原因なのですけど、かと言ってカットする気も無く。
変わりにRTSの方早めれば良いんじゃね?と強引に6速車使ったらこんな事に。

と言うかRTSパートはプレイ画面+リプレイなんて案もあって、2周目後半から3周目まで撮っていたには
撮っていたのですけど結局使いませんでした。編集が面倒臭そうだったとか書いたらマズいか。

また「真実を知った響と、そこまで織り込んで冷徹を決め込む千早」のドラマパートをテキストに書き起こしましたが
これもボツ。と言うのも「ダメだこの展開はねぇわwww」と自分自身で呆れ返った内容になったため。
プラスして「ネタバレじゃねこれ」と取れる台詞もありましたし。千早が雪歩に入れ込む理由とか。

・・・ちゃんとそう言う所も考えてあるんですよ?思い付き動画ではありますが。
でも本編でこれに触れるかは不明。多分触れない気がする、言わない方が千早らしいような。

あ、上で触れ損ねましたが、今回のTAにはきちんと条件があって。

1.ベストラップ1分16秒以内
2.トータルタイム3分50秒以内
3.接触禁止

の3点、DC版だと全条件満たしてようやく予選やれるよって話になります。
満たせないとセーブするポイントが無い上即ゲームオーバー。まぁ今のレースゲーマーには温過ぎる設定ですが。
本当だったら1分14秒以内と書きたいところなのですけど、私の腕じゃ無理だ。15秒台出すのがやっと。
ネジコンなら15秒台は切れそうですけど、でも13秒台までは見えないだろうなぁ・・・もっと速くなりたい。

次回はいよいよ横浜、本当に今度こそ横浜だよ!今回みたいな事は起こらないよ!
てか起こるとしてもMMM編のさわりやるくらいで、それ以上はムリダナ。

  
Posted by takamoto_and_tiup at 01:33Comments(0)TrackBack(0)架空戦記関係 

November 11, 2013

とりあえずのVer:1.00 β版公開。

→やっとここまでやったものの・・・実際はとんでもなく時間が掛かってたり。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22221657

以前(Ver:0.7 -archives/6879025.html)から殆ど変更が加えられておりませんが、こう改めて動画にして見ると右下の「Please」「Wait」の文字がかなり薄いですね。

恐らく周りの黄色に引っ張られてしまっているのが原因なのでしょう、次回までには赤めにしておきます。
(※と言うか軽量版出す前に気付いて、軽量版で試せば良かったような、勿体無かった)

さて、今回めでたく1.00化した訳ですが、上記にある通り殆ど変更は加えておりません。
変更を加えた箇所は2つ。

1:文字に発光ブラーをかけて、よりそれらしく演出。
2:会話終了後の画面閉じ(表現が全く分からん)の速さを2倍に。が、やっぱり何か違う。

前者はまぁまぁ上手く行ったと思います、0.7の頃は味気なかったものがより「らしく」なったと言いますか。
ただもう少し強めに掛けても良いのかな?とも思ってたり、あんまり強く掛けると今度は文字がボヤけてしまって(それこそ『ブラー』なので)塩梅が難しいところ。しかし時間がないのは事実なので、恐らく最後まで変更しないでしょう。

またSE各種が例の事故で全部ぶっ飛んだので、選択画面等々を録り直した際、こちらも一緒に録音。
音量をやや引き上げるとして新しく加工しなおしました。さすがにリマスター処理的なものは無理でしたが・・・。

さて次回はいよいよ3年振りに横浜へ!・・・と思ったのですがやっぱり時間掛かりそうです。
某Pみたく時間を加速させて「あれもう3週間経ったっけ?」ってやりたいところなんですけどね。私には無理だよ!
そもそも横浜予選はドラマパートが多目なので急ピッチで作ってもキツいものはキツいです。

と言うか今回の動画でメーカー選択に時間取られすぎた。二度とやるかあんな作業!w
・・・あ、新車搬入の時またちょっと差し替えなきゃか。しかもあれ文字のとこまで動画部分が侵食するんだよな・・・。

・・・うん、普通に被せよう。あれ抜いてたら決勝始まるのが来年の春どころの話ですまない。

--

さてここから先は決勝まで上手く動画が作れたらの話です。ぶっちゃけ随分先の話だよ。
話の都合上、どうしても省かざるを得ない話が幾つかありまして、それを補完しようかと言うのが今回の発表です。
と言っても今のとこ「響と千早と真は書けてもいおりんは別枠になるだろ」ですけど。MMMだけあんまり絡まないもんね。

だからもし「次」があったらMMMをやりたいところ、思いっきり脚色したやつ。やったぜ結婚ルート!
・・・なんて事にはなりません、それ普通に本編じゃねーか。プレイヤーとなんて結ばせねぇよ!?
あと春香さん出したい。だとするとPRCルートか・・・もう全編やれって言われそうで怖い。つかこれただの願望!

閑話休題、ドラマパートはなるべく本編に沿ってやりたいので公開が前後するかも知れません。
あくまで現状での構想なので決勝上げる頃にはスッキリ忘れてるかもですけど。
ただ急場で仕上げたテキストを見る限り・・・何でそうなったのか分からないとこだらけな気も。

あ、分からないと言えばケチンボ社長ことうちの世界ではやっぱり黒井社長(※後々本編にも出ます)の蛮行ですが、あれ本来は2次予選終わる頃の話なんですよね。何を勘違いして1戦目に持ってきたのか。

それはともかく、あのイベントは個人的に「新人ドライバー(プレイヤー)は速かろうが1位を取ろうが見た目の華がないのを、社長は快く思ってなかった」と言う事で展開されてます。ちなみに二次予選終わった後(※ちょっとネタバレ)にでも鬼ヶ島さん出そうかなーと思ってたのですが、2を序盤で諦めていた私にはジュピターの素性を知ることなど叶わなかった・・・のでジュピターは出ません。アニマスは見たけどアレじゃあちょっと・・・本当は出したかったけどね!
(でも「ちょっとだけ続くんじゃ」的な展開は折り込み済みなため、そこで出そうかなぁ、とも)

そしてもう一つの発表が周回分割案、これは横浜予選後の話です。
現在展開されているオリジナル展開を横浜予選終了後にほぼカットして、とにかく最終戦まで駆け足でやるという事。

ドラマパートが減る=ガレージトーク部分の編集分量が減る=製作時間の短縮

と言うのが狙いですが、当然ながら前々から振られていたような気に掛かる会話等の回収は致しません。
完全にDRTオンリーで展開する形ですね、R4オリジナルに近い形と言えばそうなりますが。

しかし最終戦が終わったから次、と言う訳ではなく本来の流れを「2周目」として決勝以降をじっくりやり直すと言う流れになります。
当然作業量は増えることになりますが「まずは話に区切りをつける」と言う意味ではこの分割案もアリだと思ってます。
今の所実行する気はありませんが・・・そういう考えも私の中にはあると覚えておいていただければ幸いです。

--

・蛇足と書いてあとがきと読む。

いやぁ本当長かったですね、初版(0.3)が5年前とか信じられません。つい昨日のよう・・・は言いすぎですね。
てか何終わったムード出してんだこれがむしろ「始まり」だろってその通りですよ。また始まるよ!
ただ前回(これも3年前とか何それ怖い)はどうやってか1週間で2本やったんですよね・・・どんなマジック使ったんだか。
現状よりは遥かに楽な方法だったと思うんですけど・・・何せ全部データぶっ飛びましたのでねぇ。

(※中の人は去年の6月に動画関連データ等一切を扱っていた外付けHDDを壊しました。3ヶ月くらい抜け殻だったよ)

と言っても下手にデータが残らなかったお陰で新しく構築する事も出来たのかなぁと、感謝なんかしないけどな!
何よりも驚くべきはこのR4関連のデータが何故かCドラに直保存だった為、素材関係はほぼ無傷だったのです。
多分これのデータが外付け保存だったらあの動画は無かった・・・「やれ」ってことなんだろうなと暗示を受けたようでしたよ。

それにもうPV作れないんスよねぇ、今年の3月にこっそり1本作ってたのですが、もう流石に無理、と。
才能と言うか経験と言うか『PV作る為の何か』が枯渇したなーと痛感しました。切れましたね完全に。

さて最後の最後まで来ましたところで・・・実は一つ嘘ついてました。次回横浜予選ではありません!
いや横浜予選の編集は進めているのですが、今回変更したのがガレージトーク部分だけでなくレースシーンの画面構図も変えまして・・・なので横浜予選のガレージトーク部分の編集が全て終了したら『次回』を公開いたします。

と言うかその『次回』の編集もまだ完全には終わってないんですけど・・・本当こんなペースで大丈夫なのか。
なるべくこの次回は今年中に出したいところ。そもそもなんでそんな事してるかと問われたら・・・

だってまた構図変えて「見づらい」って言われたら嫌なんだもの・・・。

私の事をついでフォローしてる方は見た事あると思いますが、あの構図を少しずつ変えながらやりたいと思ってます。
ちなみに実況部分はなんと紙芝居クリエーターで作ります!・・・ただ使いたいだけなんだけど。
どういう風になるかは次回をお楽しみ!大幅に変わりますっつーかR4成分がかなり薄れちゃうような。

しかしスタッフジャンパーとヘッドセット欲しい・・・つまりそういう構図になりました。まー最終回まで私服だがな!
と言うか公式でそういう衣装出さなかったのが悪い。そういう事にしておこう。

  
Posted by takamoto_and_tiup at 01:35Comments(0)TrackBack(0)架空戦記関係 | 動画紹介

April 14, 2013

おおかけちょっとした考察

→数少ない大相撲カード決戦攻略ブログの一端になればな・・・とか。

あまりそんな事は考えてませんけど。
まーでもPV数伸ばすにはそれもアリかも知れん。

さて数日前から始まっております「挑戦!七人の侍」イベントですが
どうにもレア力士と言うのはランダム性が強すぎて何処でどう出るかが
全く予想出来ない為、個人的にはダメイベントの部類。

しかしながらここからレア力士って実はこう出るんじゃないかと
ちょっとした予測が立てられたので仮説として置いておきます。

--

1.レア力士はやはり場所固定の可能性?

と言うよりは「出現率に差異がある」のでしょうか。
中々出会えない地域では幾ら回しても出ず、実績のある地域ではやはり出が
良いように感じます(おおかけwikiの巡業地情報より)

ただ他では絶対出ないと言う訳ではなくて、以前茨城県の日立市をとにかく回してた時期は
栃乃洋が2回程(大入袋、レア力士)出た記憶があるので、やはり市町村ごとで違ってるのかも知れません。

ちなみに私の場合「大入袋 フィーバー中!!」表記で侍出現しました。
(GADだったから東京かな?wikiの通り日野市で遭遇)
「大入袋 超フィーバー中!!!」まで行くとレア技カードの危険性があるため
案外「大入袋 フィーバー中!!」の方が期待が持てる・・・かも?

本当ランダム性の強いイベントなので「こうだ!」とは言い切りにくいですが
何か参考になるようでしたら。

では次に

--

2.レイドボス「貴ノ浪関、出島関」は70段まで到達すると・・・。

こちらの力士が2撃で倒されるのが固定になる、かもと言うもの。
2戦連続で「2撃、2撃」で倒せなかったため、もしかするとそういう
仕様なんじゃないかと思ってるのです。

~69段では「2撃、3撃以上」とか「3撃、2撃」で必ず3撃まで耐えられる
事が織り込まれていましたが70段で急に消滅。
完全に詰みました、一人で黙々と倒すのが好きだった私涙目。

ただこれも何かしらのバグor稀に3撃以上が出るのかも知れないため
やはり絶対こうなる!とは言えません。実際どーなんでしょ。

さて次が最後ですが。

--

3.何故か逆転する闘志力回復。

これはボス力士出現時稀にある回復ですが、茨城は13で闘志力の方が
上に対し、神奈川まで来ると16で行動力の方が消費が上なんですよね。
東京でもまだ15で逆転状態だった気がするので、千葉~群馬あたりで
どうやら逆転してるっぽいです。

まぁ知らない人なんてそんなに居ないとは思いますけど。
ちなみに山形あたりまで戻っても闘志力の方が上です。巡業回せる具合が違うので
回復量の差から見れば戻った方が得なんですよね。

ただ戻り過ぎると今度は拾える力士のレベルが低くなるので、育てている力士が居る人は
ちゃんこP不足が加速する恐れもありますけど。

と言うかこれは考察でも何でもないただの情報か。
もし公式の方での手違いならそろそろ直さないとマズいのでは・・・?
何か理由があってこれと言うならこちらとしては何も言えないですけど。

--

後どーでも良い話ですが、東北エリアで只管回して特産品目一杯ゲットで
ちゃんこPも目一杯ゲットだ!と言う作戦はどうやら無理っぽいです。
スーパーちゃんこでの増加具合に個数が関係してる訳ではなさそうなので。

むしろ多く取り過ぎると減ってるとか・・・?
宮城あたりで5個取った時「これは+3万コースですわ」と思ったら結局
増加量+1万とかでしたし。あれ?

念を押すようですけどここに書かれている事はあくまで個人考察の域を出ないため
絶対こうである、とは言い切れません。実証した際「違うじゃねぇか!」と文句を申されましても
当方は一切責任を負えませんので自己責任でお願いします。

次回はもうちょっとまともな攻略記事書けたら良いなとか。
とは言えこのゲームの攻略って何があるのか・・・本場所イベントで勝ち越し云々は
実は他の所で書いてしまったのでこちらには書く気ないんスよね・・・。  
Posted by takamoto_and_tiup at 02:34Comments(0)TrackBack(0)

February 16, 2013

「おおかけ」に嵌っております。

→まったりやるにはちと辛いゲームですが、奪い合いが無いのが良いですね。

あの手のソーシャルゲームには手を出しまいと思ってたのですが、題材がまた凄いなとつい。
某水泳メドレーの時はあまりでしたが、こちらは実在力士で絵もしっかりしてたので
それならまぁ・・・と良く分からない理由で始めてしまいました。

やってみるとこれは萌えゲーではなく燃えゲーなんだなと。
女っ気ほぼ0で(女性キャラ唯一とも言える女将さんはあまり表立って出てこない)
何をやってもどすこいどすこいで力士しか見れません。
しかし巷ではボイス付きになるかどうかと言う議論も・・・そもそも何処にボイス付けるのか。

さてここからプレイ記を、と思ったのですが結構書いてる方居ますし
そこまでの相撲ファンでもない私が今どういう風に楽しんでるか書いてみますかねー。

ちなみにここから先は「大相撲カード決戦」と一々書くの面倒なので
個人的に使ってる「おおかけ」で統一します。略し方がアレなのは流してください。

--

1.奪い合いがないのが気楽。

平行してモバマスもやってますが、あっちはLIVEバトルせずともいつのまにか衣装奪われてやる気減らしてる毎日です。
それは課金しないお前が悪いと言われそうですが、ファンデッキ組んでお仕事回すくらいで良いんですよ本当。
今はまぁバレンタインイベ回してる日々ですけど。

おおかけはその所何もないと言うか、他の親方と競うイベさえあまりない状況なのでがっついてプレイする事なくて本当空いた時間で巡業するくらいで良いかなーと。
ただ巡業資金の回復が1分1両なので気付くと満了してたりして、ちょっと勿体無かったかなーと思ったりもしますが。

戦うのに疲れた人には今のところオススメ出来るゲームです。
後々実装されるような気もしますが、その時は何賭けるんだって話にもなりそう。
順当にちゃんこPですかね、でも100とか1000とかやり取りしても全然お話にならないような。

ちなみにトレードも実装されてません。これ地味に辛い。
その為の処置なのか、これ書いてる時はRとかHRを稽古相手にすると経験値3倍ボーナスがついてます。
せめてものって事なんですかね、それでも序盤から無課金でやってる人にはあまり関係なさそうですけど。

2.親方同士の本場所が熱い。

・・・あれ、戦いは無いんじゃないの?って言われそうですが、ちょっと違うイベントになってます。
と言うのもこちらの勝ち負けだけが反映されるシステムなので、弱かろうがとりあえず取り組んでみる事の出来るイベです。

さて実際の本場所とは違い、どうやら月の中旬~下旬には本場所開催があるようで、現在は2月場所が開催中。

ここで勝ち越し、または全勝優勝を決めると報酬としてSRが手に入るよーと言うのですが、これが地味ながらに熱いです。
その日戦う親方とはまず確認があって、それから翌日の3:59までに戦うかどうか選択するのですが(確認した場合は戦わないと休場扱いで実質負け)、同格、または格上と当たった時「どうしよ」って考えるのが中々。

切れるカードを持ってるとより楽しめるかも知れません。ただ時間経過させると相手の親方も力士を鍛えてくるので、戦う時間を見極めるのもそこそこ大事なんですよねー。

ただマッチングがどうなってるのかが不明で、1月場所の時は勝っても負けても日を進む毎に強い人と当たってた印象でした。
それでもこつこつやり続けていたお陰で勝ち越せたんですけどね。

私の話はさておいて。

これから始める!と言う人には少々縁遠いイベントかも知れませんが、来月場所も開催があると思うので、そこを目指して力士を育てるというのもありでしょう。
実際私は1月場所終わってから「次は春場所どーするかなー」と考えてやってた身ですし。
(それが2月場所とは寝耳に水もいいとこでしたけど)
運もある程度は要りますが、それを差し置いてもまずは勝ち越しに賭けて参加してみると意外と熱が入るかも知れませんよ?

3.ボス力士の扱い

私としては一人で何段のボスまで行けるか?と言う挑戦をしてます。
巡業をしていると時たま「やってるか?」と出島関やら日馬富士関がちょっかいを出しに来ることがあって、まー強い強い。
まずHPが尋常じゃなく高い、最初で約5000、そこから大体1000~増えていくようで、今私が戦ってる出島関22段は約5万と強敵です。
(ぶっちゃけ無課金でもそこは苦労しないだろと言う話ですけど)

そして1撃が重い、HRでも3発で倒れます。
鍛えようが段数上げようが変わらないので、どうやら仕様みたいですね。
またデッキコンボ使わないとより辛いです。上手く組めばコスト軽めでも結構通るようで。
・・・本当はやりたいんですけど、どうも脳筋でゴリ押ししか。

これをこつこつカード溜めて倒せるようになると何か嬉しいんですよねー。
RPGで倒せなかったボスを倒せた時と似てる気がします。つーか同じか?
またボスを一度出してしまえば2人はいっぺんに出ないので、それはそれで気軽に巡業回せるんですよね。
むしろ出してない時とか、倒した後直ぐ出ると「ぎゃー!」ってなったりもしますがそれもそれで。
本来は協力して倒すボスですが、こういう楽しみもありだとは思います。

ちなみに協力すると討伐時間が増えたり、コンボが増えたりしてより倒し易くなるそうです。
実際、私は協力を出したくても出せないチキンな性分が災いしてこんな楽しみ方になってるとも言えますけどね。
でもやっぱり倒した時の「バーン!」って倒れ方は何だかんだ気持ちの良いものですよ。

ただ苦労して倒したのに

ノーマルカード!
技カード!

だと泣きたくなりますけど。出島関討伐に関しては一定レベルからこんな泣きたくなる状況は減ってる気がします。

それでも技カードが出たときのガッカリ感は凄まじいですけどね!

(技カード:強力な攻撃が1度限りで使用出来るようになるカード。結びの一番、またはボス戦でほぼ強制発動。任意での発動は不可。木枠[弱]と銀枠[中/レア]の2種が存在、金枠[強]は今のところないもよう)

ノーマルガチャ回すよりは楽しいから討伐するんですけどね。
そんな事言ってる間に倒し損ねてたのはここだけの話。

--

と言う感じでまったり楽しんでます。間違ってるよ!って言われても曲げないでしょうね。
モバマス、神バハと平行してやってますがおおかけが一番楽しいです。
そりゃあ強いデッキ組んでたら何でも楽しいよ、なんて意見もあり得ますが、私のデッキなんかまだ弱デッキですし・・・。

最後なのでちょっと晒してみますか。

巡業デッキ

露払い:水戸泉関 [R/40段 育成MAX]
太刀持ち:白鵬関[R/33段]
マイ横綱:千代大海関 [イベントHR/46段]

申し合いデッキ

豊真将関 [R/29段]
牙臥丸関 [R/31段]
旭天鵬関 [HR/26段]
琴稲妻関 [R/22段]
鷲羽山関 [HR/12段]
巌雄関 [HN/25段]
(上記3力士含む)

何この節操の無いデッキ、にわかも無い上に頭悪い。
本来は豊真将関を敢えて横綱に座らせて・・・と言うデッキを組みたかったのですけど、イベ重視で動いたらこんな事に。
とは言えHR豊真将関がこない限りは豊真将関外さないですけど。
ただ18日以降にHR北の湖理事長が来る予定なので琴稲妻関が外れそうなんですよねー。
育成度次第では露払いか太刀持ちになる予定も、しかし現役組の居ない巡業デッキとは・・・。

正直歴代の力士の方が強い扱いなのでどうしてもそうならざるを得ない点もありますけどね。
ちなみに今の所「ロボ力士」こと高見盛関・・・現振分親方ですが、2012年度での構成なので現役組に分けられています。
現在開催中の2月場所でSR化しましたが、こちらでも2012と入っているので、2013年度に切り替わるまでは現役扱いでしょう。

そう言えば某Aなんちゃらのゲームで騒動を理由に切られたカードが出ましたね。
こちらでも有り得そうな話なので対岸の火事とは思えず冷や冷やしております。
何より年度改正で協会から除籍された人のカードとかどうなるんでしょ。

とにもかくにも私は元気です。
次回の更新はまた新作とかそういう事を伝えられれば良いんですけどね・・・。  
Posted by takamoto_and_tiup at 01:58Comments(0)TrackBack(0)雑記・その他 

January 23, 2013

Ver 0.7公開。

→正規版でもVer 1.00を名乗らせるのは厳しいか・・・。

とは言えここで凝って停滞させてしまうのも難なのでこのまま進めますが。
細かい点で手直しを加え、せめて0.8、ないしは0.9くらいまでにはします。

しかしあの1分ちょいの動画を作るのに前回の日記を書いてから空いた時間をほぼ充ててあれ。
「嘘だろ!?」って言われそうですけど本当、マジに時間の掛かる代物なんですよ。
コピペ出来るところは極力コピペして労力減らしてますがそれでも・・・。

ま、愚痴っても仕方ないので今仕様の説明でも。

--

今作では遂に「影文字完全実装」となりました。
アレの再現は苦労するんじゃないかなーと思ってたら案の定でしたよ!
黒→白なんてエフェクトとか使えば・・・と思っても駄目でしたし。

苦汁の策として黒文字レイヤー白文字レイヤー別々で動かすというアナログな方法を取ってます。
はははAd○beのソフトなら!とか言われても買えないですしそもそも動かないですし。
NiVEなら辛うじて動くのでそれでちまちま打ちましたともさ・・・。

ちなみに1シーン(50文字程度)に1時間以上掛かります。
コピペ出来れば1/4に抑えられますがそれでも15分持ってかれますし。
半角文字、または句点読点で間を作りたい時はもうコピペ出来ません。

さらに確認とかすると直すポイントとかボロボロ出てきたりして・・・。
こんな状況でレースシーン編集なんて出来ないのでこの辺りの改善も課題。

--

今回大きく変わった二つ目のポイント、立ち絵インターフェースの大幅改善ですが
あれは以前から再現不足だ再現不足だーと悩んでいた部分の一つでもあり、何より
紙芝居クリエーターで弄ってた頃は立ち絵加工しての何のって色々あって煩わしかった部分でもありました。

これを再現度高め+編集の簡素化出来た事はでかかったです。
上の影文字再現のマイナスを大きく賄えるくらい、かなりの時間短縮に繋がってます。
でなければあんなにコロコロ立ち絵変えませんし。以前と比べて3倍近い量になってる筈・・・。
しかも台詞の何処からでも変えられるとあれば活用し甲斐があるわけで。
ここは本当大きな変更点となりました。



ただまぁ・・・問題が無い訳でも無いのですが・・・。
そんな欠点も全然気にならないので個人的にはここが一番作ってて楽しいですかね。

ちなみに今回は登場してませんが、このシリーズで散見できます「二人同時出現」のインターフェースも既に組んであるため(本当はRRR Ch@nnelをやる予定だったのでそちら用に)ここはもうほぼ弄る事はありません。

--

そう言えば枠線引き実装したのも忘れてました。地味ですが実は一番作業時間取ってる所。
これのテンプレ消えたらシリーズ取り止めるくらい。
調整が死ぬほど面倒なんです、何せまたアナログな方法ですから。

説明するのは簡単なもんで
「引きたい線を分割して並べている」だけです。
直線はまぁ何とかなります、問題なのは斜線。あいつ何故かズレやがる・・・。

一応定理とか使って角度とか数値は割り出してあるのですが何故かその通り並べても一本の線にならない。
結局目視であーじゃないこーじゃないと悪戦苦闘しながら全部引きましたよ。

もう本当に二度とやりたくない。苦労した所だけしか覚えて無いのはよっぽど。
かろうじて一本の線に見えるようになったのではいおしまい!と投げやり気味ですが手直ししませんよあんなの。

--

インターフェース構成の文字フォントに関してもこちらで全て打ち直しました。
と言うの画質悪く見えるのがどうしても堪えられなかったので・・・。
台詞文字フォントはMG丸なんちゃらですが、こちらはCenturyなんちゃらを使用。
お陰でなんだかすっきりした印象に。フォントって大事だね・・・。

--

ガレージトーク最後の閉じていくのも辛うじて再現しましたがこちらはまだ未実装の所でして・・・。
今回の動画を組んでとりあえずつけては見たものの、何もかもが違う・・・。
線の数はもう面倒なのであのまま変えないですが、もう少し速く動かしてなんちゃって実装、といった所でしょうか。
本当はもっと別の動かし方をさせたかったのですが技術不足で叶わず。

っつーかその為にPVとか組んでたはずなのに全然出来なかったよ。

--

と言う感じで大きく変更した点を色々述べて見ましたが一つ言えるのは

「NiVEで編集するくらいならお金出して編集ソフト買うべきかも知れない」

ああいう編集には不向きなのかもしれませんが、ひたすら使いづらいと言う印象しか。
しかしこれから先、テンプレも作ってしまった以上NiVEのみでの製作はほぼ決定しているワケで・・・。
まぁ、慣れてしまったからそれはそれで良いんですけどね。



しかしあそこまでテンプレ作ってしまうと悪ノリしたくなる。
例えばモタスポ×アイマスのお祭り告知とかね・・・また8月目処で立てられたらとか。

やんないですけどね!?(分かり易いフリ  
Posted by takamoto_and_tiup at 22:25Comments(0)TrackBack(0)架空戦記関係 

January 12, 2013

何故かここに来て順調になりだした・・・ような。

>・・・怒られ覚悟ですが1話作り直してます。

何度やるんだよ1話!ってマジに言われそうですね、3回目です。
更新する度に1話作ってるような気持ちですがそんな事は無いですね。
実際作り直しで1話やってたら5回とか6回とか・・・マジ勘弁だなそりゃ。

ちなみに実際は1話でなく1話+2話で、2話作り直すくらいなら
どうせだし1話もくっ付けちゃえとRTS過去話ぶった切ってチーム選択から。
と言う「それより先やれ先!」と本当酷い状況なのですが。

どうしても2話のカクカクだけが許せなくて・・・。

まぁリハビリも兼ねてたり、ガレージトーク部分は完成していてもレース画面が
「まだ」試行錯誤状態だったり色々思う所があったので敢えてこのやり直しをしています。
ただ現状では何を言っても言い訳がましくなってしまうので、これ以上は黙って進めます。

2次予選の横浜投下出来るぞ!ってなったらまた。
製作状況についてはこんなもん、ではここからが本来の報告です。

--

サンプル

これが初期段階、一応Ver.0.4の体裁を保ってはいますが実質0.3です。
この頃はまだ連載なんて・・・と考えていた頃ですし、ある意味今より続けられる環境でしたねー。

で、今回の。

Coming Soon

・・・をっ!?落書きされてる!何故に、何故にぃ!?
と、一人芝居を打つつもりでしたが気力がそこまでもう若くなかった。

てかここで全部見せたら1話やる意味が3割減りますし・・・。
ただこれだけでも上と細かい所を見比べていただくと「お?」って変更点が数多くあったり。
更についったの方まで追尾している方でも知らない変更点も。

諸々見直した結果は大マジに今月中(出来れば18日まで)には公開します。
レース画面等を含めた完全版は来月以降になってしまうのが何とも・・・。
(SE等も吹き飛び、レース画面も見直している状況ですのでそちらの編集はかなり掛かりそうなのです。
ただガレージトーク部分は早めに決勝ほどまで組んで話は固めてしまいます。
ちなみに来月本当に完全版が上がれば「オーバルまで全て録画終わりました」と同義なので
後は気力さえ尽きなければ完結しますよ、とのサインでもあります)

正直PV等も進めたい所ですが、暫くはR4一本で頑張ります。
じゃあアレのVer.1.02Bは!?って。

その案の固めなおしも兼ねてるとかいったらまた怒られそう。

--

さて無駄に長い弁論(悪あがき?)も最後になりますが、数多の架空戦記の中でも最も期待されていないシリーズながら、未だにコメントを寄せていただく方々に対してずっと裏切って来てしまって本当申し訳ありませんでした。
漸くこうして製作再開にこぎつけられたのも、諦めずにエールを送ってくださった皆様のお陰でもあります。完結まではまだ多くの時間をいただくことになってしまいますが、その間は期待せずお待ちいただければ、と思います。
早ければ来週、この3年でようやく分かった事も含めほぼ全てお見せできれば幸いです。

では、作業に戻らせてもらいます!連休なんてなかったんや!(嬉し涙)

  
Posted by takamoto_and_tiup at 01:43Comments(0)TrackBack(0)

January 08, 2013

2012年に出会った音楽・・・音楽・・・?

>「一般人よりは音楽を聴いてない男」の2012年総括ベスト10とは?

本当は何かしらのCDレビューを掲載する予定でしたが聴き込み足らずで
言葉が並べられなかったので急遽内容を変更した高本です。

今回は2012年を振り返って「この曲良かったねー!」と言う10曲を
(本来は20曲選びたかったけどそんなに新曲聴いてなかった)
選んでみました。曲紹介の前にちょっとだけ自分ルールを説明します。

1.同じアーティストを2度選出しない(リミックス枠は別)
2.発売が2012年であれば発表が去年以前でも有効(リマスター等は除外)
3.持ってない音源でも良い曲と分かれば選出。

以上分かり辛い3点ですが、基本2012年の曲ではある筈です。
そうでなかったらもう9選とか8選と減らさざるをえないですよコレ。

と言う訳でその10選です。

01 Hot Right Now (Camo & Krooked Remix)/DJ Fresh Feat. Rita Ora
02 Give & Take/Netsky
03 Tidal Wave/Sub Focus feat. Alpines
04 Shifting Sands, Pt. 2 (feat. Shaz Sparks)/Smooth
05 Cross The Line (Featuring Ayah Marar) [Metrik Remix]/Camo & Krooked
06 Turn Back Time/Fracus & Darwin
07 Try Unite!/中島愛
08 Open (Upside Down)/Promo & Tha Playah
09 The Circus/Alien T
10 Get the Fuck Out My Way (DJ D Remix)/Weapon X

「ジャンル偏りすぎだろテメー!」ってお怒りはごもっともだと私でも思います。これは酷い。
ただ元々は「ドラムン10選、その他10選」でやろうと考えていたので
こんな曲選になってしまっているのはその名残でもあるのです。

さて1曲ずつあまり役に立たない感想文でも。

--

01 Hot Right Now (Camo & Krooked Remix)/DJ Fresh Feat. Rita Ora

[2012年を代表する1曲。ド直球、ド安定アンセム]

何を語るもなし、ただ最高と言う二文字でもって完結します。
非の打ち所がないくらいただ只管にカッコ良い、これはテンション上がる。

02 Give & Take/Netsky

[哀愁を誘うピアノメロ!これぞ正に「泣きメロ」系ドラムン!]

最初コレを聴いた時には「ああ2012年はNetskyの年だな」と思わざるを得ないくらいに衝撃でした。
ここから「Come Alive」や「Love Has Gone」へと繋がっていったかと思うと実に胸が熱いですね。
正直「The Whistle Song」も捨て難いのですが、やはり最初聴いた時のインパクト。
これに勝るものは無いと思いこちらをチョイス致しました。

03 Tidal Wave/Sub Focus feat. Alpines

[透き通る音とボーカル、リミックスも魅力的]

正直「Sub Focusどうしてんだろ・・・まさか辞めてしまったんじゃ」と危惧していたとこに来たナンバー。
何処からどう聴いてもSub Focusらしさが出ているのに変わったなと言う印象を抱かざるを得ないです。
Rock Itあたりと比べると洗練されたというかスマートになったと言うか。

私自身としては今のSub Focusの方が好きですかね。2ndアルバム待ってるぞー!

04 Shifting Sands, Pt. 2 (feat. Shaz Sparks)/Smooth

[HospitalがNetskyならViperはSmooth]

個人的一押しホープがこのSmooth、ここ2、3年で一気に出てきた印象です。
活動開始時期はそこそこ古いようですが、Viper Recordsと契約したのはつい最近のようで。
2012年になっても勢いは衰えず、6月頃この曲が入ったEPを発表してます。

さて曲の方ですが、「どう解説したものか」と悩んでしまう曲でして・・・。
確かに良い曲です、軽快なリズムと何処か幻想的な女性ボーカルが見事に噛み合って
独特な世界を作り上げている・・・と言うとこまでは書けたりするのですがもっと突っ込んだ事が言えない。
強いて言うなら「今までのSmoothらしさを踏襲しながらまた別の顔を覗かせた」とかでしょうか。
単にボーカルものを聴いたのがコレが初めてだった、ってだけな気もしますけどね。

ただこの曲は好き嫌い結構分かれるんじゃないかなー・・・と。
展開がそこまで多いワケではないので、最近の曲を聴いていると物足りなく感じてしまう部分も。
個人的には好きですが、薦めるのはちょっと躊躇われる曲ですかね。

05 Cross The Line (Featuring Ayah Marar) [Metrik Remix]/Camo & Krooked

[原曲の良さを残しつつ、ここまで鮮やかにリミックスするとは・・・!]

Dubstepでお馴染みのうねるベースが「飛び道具」として入ってくるこのリミックス。
原曲がカッコいいのに、そのカッコよさを損なう事無く綺麗にまとまってる点も素晴らしい。
色々付け足すとゴテゴテし過ぎちゃってダサい、なんて事は間々ありますがコレはそうなってない。

リミックス曲としてはこれと無い位レベルの高い曲でしょう。

06 Turn Back Time/Fracus & Darwin

[あの頃のハッピーハードコアサウンドが帰ってきた!]

BonkersとかDancemania Speedシリーズを聴いていた方としては猛烈に懐かしさを感じるでしょう!
確かにUKハードコアな展開もしていますがそれ以上に音と作りの細やかさが心憎い!
聴いてるうちに体が自然と動き出す、こんな楽しい曲を聴いたのは久々でしたね。

07 Try Unite!/中島愛

[開放感が『まるっ!』な2012年イチ押しのアニソン]

輪廻のラグランジェ第一期OPにして、ラスマス節を炸裂させたこのナンバー。
アニメを見るまでは期待してませんでしたが、この曲で一気に引きこまれましたね。
サビに行くまでが只管タメと言うか、とにかくサビに入ってからの抜けていく感覚が凄い。

この10選にアニソンは入れまいて・・・と思ってましたが入れざるを得ませんでしたね。
アニソンだけで見たらコレ1強、個人的には頭抜けてました。

08 Open (Upside Down)/Promo & Tha Playah

[2012年のハードコアとしては桁違いのカッコ良さ]

あー2012年も不作かなーなんて思ってた所に飛び込んできたのがコレ。
とにかくヤバい!厨二臭い!メロが強い!それが全て良いんだ!
最近のハーコーって駄目だよね、なんて言う奴にはコレで締めてやれば良いじゃない。
何も言わずただ黙って踊りたい、そんな曲。

09 The Circus/Alien T

[イカれたサーカス小屋へようこそ!さてお客さん、ひたすらバカになっちゃえ!]

とにかく頭が悪い曲、勢いしかねーじゃねぇか!って位。
ネタが酷い、最後のオチも酷い、Oh My Sonが可愛いく見えるくらい酷い。
でもそういう酷いのがハーコーじゃない!って開き直ってる印象さえ。

それで良いんですけど。Fxxkin' Circus!

10 Get the Fuck Out My Way (DJ D Remix)/Weapon X

[Bixxh I ain't scared, I ain't scared motherfxxker Let't Go!!!]

ぶっちゃけ「去年の曲だっけ」と勘違いしてた奴。
友人にも「これ今年じゃないから2012年のミックスに入れちゃ駄目でしょ」とか言ってて後々恥かきましたよ。

ま、それは置いておいて。

Openが静かに踊りたい曲ならコッチはもうはしゃいで叫んで踊る曲。
声ネタの元が元だけにとにかくがなる、そして連発するFワード。
それでアガらないワケないでしょ!?と。

実にハーコーらしいハーコーだと思います、後はビtt・・・失礼。
ピッチさえ上げればもう滅茶苦茶に成る事間違いないでしょう。

--

と言う感じでアレコレ書いてみましたが本当中身ないですね!
CDのレビューやってもこんなんだったからむしろこっちの方がまだマシかも知れない。

次回の更新はちょっと飛んで週末頃になると思います。
それまでに一本・・・は無理ですが何かしらまた動きがあれば。

  
Posted by takamoto_and_tiup at 06:25Comments(0)TrackBack(0)

January 07, 2013

2013年・・・!?

→色々と復帰したい2013年。果てさて動ける年になるか2013年!

去年は一度も記事を更新した覚えがない高本です。
今年は事細かに伝えられたらなーと思い、まずはブログからかなーと
今回の記事と相成った訳ですが・・・

おかしい、今頃はL.Aで祝杯をあげてる筈(ゲームの話)

去年の6月にHDDを物理的に吹き飛ばして「これは終わったかなー」と
半笑いながら泣いて一時期は心折れかけた私ですが何だかんだ言って
年末に新作上げられました。つまりそう言う事です、まだ斃れられない。

新作に関しては数日後に。今回は2012年総括的な記事・・・と言っても
現実戦記が辛すぎて2012年はほぼ創作活動出来てないんですよね。
あれを創作活動と言えるのかどうか分かりませんけど。

そもそも6月にHDD吹き飛ばした後、2ヶ月だか3ヶ月は抜け殻でした。
何も考えられなかったと言うか、とりあえず生きてるって程度で。
HDD買いなおし→CD取り込み直しと言う所からコツコツやって今ようやく
こうしてブログなりネット上で活動出来るくらいになったのです。

しかし500枚近いCD取り込み直しとか本当時間取られるね・・・。
バックアップマジ大切です、今回の吹き飛ばしを機にドライブ新調。
DVDでデータ焼けるようにして大きめなファイルもバックアップ取れるように。
これで編集後のPVがデカ過ぎて放置、なんて事は無くなりましたよ。

そうそう、私のPVってPCのスペックが足りない所為・・・と言うよりは
圧縮コーデックがIYUVなんて旧世代な物を使わざるを得なくて一本あたり
2G~4Gしか無いんですよね(基本640x360ですし)
IYUVより圧縮率良くて、かつコマ落ちしないコーデックがあれば教えて
いただきたいです。大マジに。

PCに入ってるコーデックは一通り試したのですが「コレだ!」ってのが
見当たらずIYUVに落ちついてる次第なので・・・。
それともIYUVでもパワーがあればコマ落ちしないとか・・・?

問題があるとするなら未だにムービーメーカー使ってる事かも知れんし!
コッチは設定で最大33fpsまでは大丈夫って事になってるのですが
素材用の動画とか見ると30fpsでもヌルヌル動くんですよね。アルェー?

今年はこっちも改善出来ればと。PC買い替えか・・・。

--

てか新作どころか前作の話もしてないのか!
そもそも新作もアレで7割しか出来てないし。早くも手一杯気味だぞ・・・。
2013年、こんなんで本当大丈夫なんですかね・・・?

>名義増えます。
忘れてました、2013年上半期は「いけらっきょP」で活動します。
定着すればずっとコレで。定着しなかったら高本課長Pに戻す・・・かも。
被ってたら即変えます。

上がればのR4は普通にガレージトークPですけどね。
インターフェースがやっと最終版まで来ましたよ!少しテンション上がった!
とは言え製作過程の作業量が半端無い事になったので大幅に遅れてます。

頑張れば今月とか有り得そうですけど、レース映像も吹き飛ばしたし・・・。
せめて進化したガレージトーク部分だけでもお見せ出来ればと思います。
  
Posted by takamoto_and_tiup at 06:20Comments(0)TrackBack(0)雑記・その他 

May 27, 2011

何故かほぼ3日連続アップになってしまった・・・。

→1ヶ月ネタに詰まってた反動なのかも知れない。

まぁ半分くらいは「もーPVPでなくていいや」って言う諦めも入っていましたけど。
(ついやみくしの名前が何となく変更されたのもノベとかに戻ろうとしてた傾向)
その甲斐あって(?)なのかまさかまさかの3本アップですが・・・実質新作2+蔵出し1+1です。
ちょっと待てそれじゃ数合わねぇじゃねぇかバーローと思うかもですがちコレにはどーでもいい訳があります。

ではまず新作2本の紹介から。

==

(im@s PV) 真と麦わら帽子が運ぶ夏の薫り、景色、温度
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14434000

「古川もとあき×真 PV」をまたやろう!といきり立ってしまって何か勢いで組んだら「良いじゃん!?」と。
しかも珍しく色調が凄く前向きな明るさを持ってます。これはある意味レアw
連続アップ前直近の奴はダウナー系でしたからねぇー、段々良い兆候が。

・・・あ、夏まこシリーズとしては3作目にあたります。念のため。

タイトルに関しては前日の動画で既に「あーあーうー」と唸っていたので、これはどうするか何をどうやっていつも通りな感じを出そうか・・・なんて考えていたのですが「シリーズもの」と言うのを前面に押し出す。
と言う所を取った結果、前回のタイトルから見方をやや変化させたこのタイトルに。
前回は真のセリフでしたが、今回は普通め。
ちなみに「三句、二読点」が大好きな私としては結構コレをやりたがるので抑えてたりします。
以前の例ですとあずささんのが当て嵌まります。
有名なものでは「雪、無音、窓辺にて。」でしょうか。「句」の定め方が若干曖昧ですが・・・。

何で中身よりタイトルの方が話長いんだ、と言われるとタイトル考えるのって楽しいんですよね・・・w
案外こういうタイトル付けたいからこういうPV作ろう!って方が取っ掛かり易い気がしてきました。

--

(im@s PV) 紫嵐舞う時、真紅は輝く
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14451704

どのみち紛らわしいタイトル。あずささん出てないのにねぇ。
(うp主コメの没タイトルは「恐怖の右脳改革」で、更に言えば「恐怖の頭脳改革」からのパクりだったりする。それでやったのかな?なんて思われる可能性もあって結局まぎらわしーし)
これもかなり悩んで「こんなんもう思い付くか畜生!」と半ばキレ気味で。お前は何と戦っているんだ。

私のPVとしては初で最後の(他の曲は大体12ビートで4つ打ちだし)3拍子曲になります。
(恐らく3/4か6/8、どっちも同じなはずだけど音楽的には違うらしい。よーわからん)
上のが仕上がった直後から「今の勢いならこの曲出来んじゃね?」と挑戦しようとは考えたものの、ノーマルPV見返しやってる間にツキと気が落ちるなぁ、と感じた私は手元にあった春香さんのPVを2本で作る事に。これが結果として上手く行った事で、何とか短期間で集中的に新作を2本上げる事が出来ました。

今回手元にあった(お借りした)PV2本はどちらも過去作+公開作で使用したものですが、片方(I want)はとんでもな動画になってしまったのでちょっと心残りだったのです。
その為今回の動画で何とか上手くいったので借り物Pとしては内心ホッとしてます。

そんな事言うならアングラ方面に振るのやめロッテ、と忠告を受けそうですが根が根だけに・・・。
別に精神疾患がある訳では無いと思うんですけどね、そもそも疾患と言うのがあまり分からない。
バカは何とかって言うじゃないですか、多分そう言う事ですよw

で、本当はここで終わりでなくて、更に20分越えの「蔵出ししM@STER  SP+」と言う何か良く分からない総集編みたいな物が出る筈でしたが容量とかの問題で断念。
個人独断偏見ランキングをやるにもまだ本数足らないし(PV系だけで50本行ったらやろうかなぁ・・・とか考えてますけど何時になることやら)じゃあ良いや、とお流れ。

もう少し粘っても良かったかな、と言う悔いを残しつつも(なんちゃって)連続アップは終焉を迎えました。

--

(im@s PV) とりあえず飛ばしてみませんか、ブーメラン
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14425239

そして初日のが蔵出ししM@STER、色々久々だったのでかなり鈍ってます(主にタイトル周辺)
元々やよい誕生日動画でしたが「2で祝われた方がやよいにとっては良いよな!(涙)」と自分に言い聞かせて没に。そこに1も2もないと言う方もいらっしゃるかもですけど・・・やっぱ、ねぇ。
と言うか2のPVを見て「あーもーコレは乗り切れんな」と完全に諦めた人間ですから。

2は本当構成力のある人が作ると化ける。1は割とゴリ押せる。

個人的にはこう考えていて、特にAutoカメラ(なのか?)が2で凄く改良されたなぁ、と。
故に最初から色々考えて仕込まないとキメとか魅せ所がブレちゃうんですよねぇ・・・。
自分は頭よりも体派なのでそうやって考えて作ると「出来るか!」と匙を投げます。

つまる所あれは何かを持ってる人間しか無理だな、と諦めました。
やっぱセンスと経験か・・・どっちもねぇなぁw

横道に逸れて愚痴入りましたね、いかんいかん。

没にした経緯はこんな感じですが、中身でもキメとかフェードとかダンスの「切り」が上手く行かない中そこそこ苦心して漸く形にしたと思ったら、最後の最後で〆がズレると言う厭らしい事態。
ついで色彩も強すぎるというか全体的にアクの強い画になってしまって「これは疲れるな(笑)」と。
それでまぁ上記の言い訳をくっ付けて「よし没ろう」と相成った訳です。

それから1ヶ月ちょい経って「あーこんなのもあったなー」と見返してみたらそこそこだったので、「寝かしたカレー効果」みたいなモノを実感しながら蔵出ししてみM@STER。
これが功を奏して連続アップの火蓋が切って落とされたわけですねw
そういう意味では一番の功労者と言っても過言ではない・・・ようなw

==

で、問題のは最初に申し上げた「+1」ですね。
これは「4月1日にデビューしたPですよろしゅうに!」(2度目)を考えていて、同じじゃ芸がないから私(高本課長P)と曲が被って喧嘩になる(喧嘩ネタも2度目)自作自演をやろう!と思い立ったのですが、それならいっそ3日まで待って春香さんの誕生日に合わせた方が良いか、と。
その間に動画を作っておこう・・・と言う事で本当にその間に動画が出来てしまったんですね。

つまりその没動画は春香さんの誕生日動画な訳ですが、似たような誕生日没動画がありますね。
ええつまりそう言う事です、やよいではなく春香さん版も存在します。

ちなみに春香さんの方が構成下手です。と言うのもこの春香さんの方が「先」で、やよいのが「後」になります。あ、じゃあ3月時点で動画できてなかったの?と、ごめんなさい。
と言うかそれじゃ3日にも間に合わねぇじゃねぇか!とツッコミを入れたい方は素晴らしいですね。
事実やよいの動画が出来たのは結構後だった上に、本当に他の方とブロッサム被りが起ってしまうという思ってもみなかったサプライズ(個人的にはブロッサム(ブリュームヒェン)を知ってる方が居てくださって嬉しかった)もあってやよいの動画諸共全部潰しちゃう、と言う失態を演じました。てへ♪

なので2+1(出した分)+1(これは流石に単品じゃ無理)と言う表記だったのです。
この動画の救済用に「蔵出ししM@STER SP+」を考えていたのですが・・・上記の通りでw

結構持たせて回ってますが、上記の通りやよいのよりも劣る上、構成もやや助長なので「あー・・・」となる事間違い無しです。公開するかどうか今の所本当に不明瞭ですけど。
公開された際には、序盤に「あー・・・」とコメントして戴ければ嬉しく思いますw
(と言っても「蔵出ししM@STER SP+」が出来なければ世に出ないのですけど)

==

こんなもんかなぁ・・・と思ったら3月最後のPVにコメント寄せて無かったですね。
どーでも良いでしょうけど一応そちらも載せておきます。何か色々すみません。

==

(im@s PV) 時間が戻らなければ、関係も戻らないの?
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13740051

and Forever以来の『隣に…』リベンジ。

うた∽かたなんてマイナーアニメ・・・とか言ってたら何故かOPは良く作られてて(あのアニメで3本も作られるとは驚いた)これはもやしがあるのかと思いきやEDは何故か手薄(っつーかなし)
やっと来たかなー?と思われた頂点さんのは別方面で、結局の所最後の最後まで観測出来なかったんですよね、あくまで個人調べでの話なんですけど。

ただ本編知ってる人間としてはアイドルが完全に限られて(=14歳コンビ)しまうので、安易には手を付けられんなぁ・・・と思ったのですけどいやそんな縛りに屈するから伸びないのだ!と良く分からない吹っ切れ方をして製作したのを覚えています。謎の勢いでした。

が、歌詞をよくよく考えるとむしろ最終話以降の・・・と捉えたのでいかんデュオはまずい!とそこだけ原作重視で「デュオっぽいソロ」をやる事に。
(と言うのが建前で実際はデュオのノーマルPVだと尺稼げないんだが、と言う事だった気がする)
それはそれでまた新しい事に挑戦するきっかけになったので良かったですけどね。

故に今作は形式「No.」と「SP.」を併用した形となり、実験作ながら割とまとまった作りをしています。
恐らく過去の動画で正式にNo.とSP.を併用したのはこれが最初でないでしょうか。
つまりは漸くそのくらいの技術が身について来たのかな・・・とw
けどあの切り替えたり画面割りたり、他で使えるのか・・・?w

・・・よし次回はまたコレで使ってみた切り替えとか使ってみるか!w

==

2ヶ月程も前の事なんて殆ど覚えてないおw
でももう若くないんだぁ・・・ちょっと前の私なら覚えていた気がするんだが・・・。

歳取りたくねぇなぁ・・・w

--

と言う文面を1週間以上前に書いたのに更新しない始末。
そんなに忙しくなったのか、いや多分それ以上にグータラになったんだな。

  
Posted by takamoto_and_tiup at 00:01Comments(0)TrackBack(0)PV関係 

February 25, 2011

今更語るよあの動画、この動画!(※但し自分の動画ですが)

→え、あ、えと千早誕生日おめでとう!今年はきちんと祝えないが許してくれ千早!

PV案・・・案かー、案は「あった」だなぁ。
それやると「またハピコアかよおいw」といわれそう。

てかまた去年みたいな「デュオかトリオ」モノだし、うーんw
そもそもそんなに曲が似合ってない気がする。

さて私が贔屓にしていた「Niconail」さんが何か絶不調のようで。
あそこが一番手っ取り早く紹介出来るのであそこが使えないとなると
他は結構指定とか面倒だしなーと遠回し遠回しにしていたらいつの間にか
もう3月じゃねぇか!と言う事でこれはマズいと久々の更新に相成ったわけです。

新作告知とかないけどね。企画・・・企画か。
じゃあドラムン縛りで。ハーコーじゃなくてドラムンで。
企画名は「We @re The B@ss(仮)」とか。分かり辛いなw

念の為に言っておくと嘘ですからね?w
そもそもドラムン合作とか集まるのかソレ、im@s色薄くね?w
夏頃NONOWIRE(今年もあれば)に沿う形で合作やったら面白いかも。

以上妄言でした。で何やるんだっけ?w

==

(im@s hup/PV) HARIP MACHINE ~more luv mix~ (2010 edit)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13081399

まずは「ヘルプ!2年越しにアイデアがやって来た!」ですが
こう聴くと普通だなって印象、それ程まで今のニコマスが魔界でもある訳でw
実は投下3ヶ月前くらいに音だけは出来てて、いつか表に出せたら良いねーなんて考えてた所にPVの腕がそれなりに着いて来て「よし、コレなら出来る!」と考えて素材集めて作りました。
ぶっちゃけ例の「セリフ部分」の所は口パク合わせなんて無理だろ出来っか!wと素材探しの時から諦めムードだったので雰囲気合わせ。
それなりに合ってるので「意外とテキトーでもイケるな・・・」とか。
ちなみに例のステマニの奴は旧音源で作ってしまったのでまた作り直しかなーと。
アレでも全然難しくないなと考えてるので・・・w
(とは言え詰め込みではなく総合的に難しくなければ意味無いとは思います)

ただPV挿入はやらないかも、うちのPCが持たないし見え辛いしw

音源に関してはいくつか気に入らない所を変更/削除したりして旧ver.よりも気に入ってます。
ただあの篭り具合とか雑な感じが無くなったのはちょっと味が消えたかなー?とか。
それを補う為に最後の部分があんなんなんですね。でもざーとらしかったな流石に・・・w

時間とか日時も同じにしようかなと考えながらも心が早って幻に。
そんな感じの春香さんRe:M@ster. でも実は他にもRe:M@sterしたいなと・・・。
音源ではキラキメ8inch、PVでも「ステージチェック」とか。

ぶっちゃけステージチェックは毎年リメイクやっても良いかなーとまでw
そうする事で「去年はどんなこと考えて動画作ってたんだ?」と言う個人的な目安にはなる。
ただ元動画のデータがmp4だけなので外編集だけで誤魔化せるかなー・・・なんて。
と言うか1年前の動画を弄って新作として出すなんて手抜きにも程があるだろって考えもあって(ry

なんか長くなったなぁw

==

(im@s PV) ゆっくり、静かに、熱く愛して。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13091050

「現時点」では最後の音マス作品・・・うん、実はネタがあってね(笑)
「音マスはもうやらないと言ったな、あれは嘘だ」的な流れになりそう。

で、実の所これは没と言うよりは飽きM@Sの部類にあって、これ以上どこをどうしろと?と
アレコレ悩んでるうちにあっという間にお蔵入りになりました。
ちなみに上の音源が出来る前に出来た動画です。本来ならその月か欲月には出せたかも・・・?
まぁ歌詞入れとかカメラ移動とか色々やれたかも知れないですけど、歌詞入れはあずささんの後ろに差し込みたいなーって考えてたのですがそれは出来ない。
モーションブラーを入れたくてもうちのPCじゃ無理。
(実際はやり方を知らなかっただけ、結局は出来た)
じゃあどうしろと?w と案が詰まった訳ですね。

ちなみにアレコレ案が解決できたら今頃記事書いてないですねw
(ただしこのPVに関しては完全に終わってしまったので他のPVで活かしたい)

・・・しかしまさかコレが春香と美希のPVより伸びるとは、複雑w
時間と出来は比例しないなぁと痛感しましたw

==

(im@s PV) aenai nante iwanaide
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13283869

hybridを使いたかっただけで作った無計画動画。
ちなみにこれも実験動画ですね。

今回は動画と動画を重ねたらどうなるか?と言う実験で
一本の動画を色んな重ね方で合わせて脱色/着色して・・・とやったら
あんな感じの素材が何本か出来たわけです。
それを組み合わせてそれっぽい動画を作ったのですが一点だけ気掛かりが。

幾つかに分裂(分断?)する部分から再び普通の画面に戻る際、いきなり戻すのではなくきちんと戻せば良かったなぁとか(実は繋がってます、切り替えではありません)
まぁこれでも使いたかったモーションブラーを使えなかったのでそこも直したいといえば直したいw
とかく「この色合いを出すにはこうか・・・」とまた一つ勉強にはなりました。

==

(im@s [Not] PV) 暖機運転
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13400502

(im@s [Not] PV) 暖機運転もほどほどに。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13417448

何もかもが「作為的」な実験動画。
正直語るところはありません、ただ真とやよいが可愛かった。
それだけなのです・・・。

と言うか真とやよいって中々接点ないよね・・・元気コンビではあるけど。
これはつまりパーフェクトサンにおける春香さんの万能性を証明す(ry

==

(im@s PV) 熊猫春香は踊りだけでも必ず誰かをハッピーにする。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13567411

さてハードコア系PVとしては5ヶ月ぶりとなる「本気モン」
心折れない為の「布石」を打っておいて正解でした。

これはPVと言うよりは騒ぎながら片目で見る映像と言う感じで、家だろうと音楽聴いて飛んで跳ねて楽しいぜヒャッホーってのにVJあったら良いよね的な所が強いです。
なのでキメにだろうと何だろうとガンガン文字掛けて煽って煽って!とやったら流石にやり過ぎましたね。
正直「HIT IT」の部分は要らなかったような、キメのキメを殺すな!w
まぁでも全体的にノリで見ていただける分には耐えられる仕様にはなってる筈ですw

で、熊猫春香×ハードコアと言うのには勿論先駆者様である以下のPVを見て

アイドルマスター 春香 『100GIGA SAVIOUR』(NONAME氏製作)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13171117

ああなるほど熊猫とハーコーってあるな、と。
でもそのままガバでやっちったら氏に申し訳ない、とハピコアへ。
それでも「ハーコーでやりますんでー」と話くらいは通すのが筋だっただろうか・・・。

あと、製作中はあんなに声ネタ入れやがってぶち壊したろうかDougal&Gammerと何度も何度もぶつくさ文句言いながら字幕と言うか煽りいれてました。
ただ完成したのを見てちっこいのでも後ろに回した方が良かったな、と。

・・・てかそういう場合って借り物でも出来ますかね、考えれば出来るのかな。
力技で1枚1枚抜いてってのは・・・それは心が折れるなぁw

あ、こういう構成は私大好きなのでこれからバンバン似たようなやり方が出てくるかもしれません。
ちなみにここにも影響を受けた方が居まして、その方はもう天上人です。
もう少し言うと文字の動かし方に特徴のある方です。ええ、あの方ですw

==

一気に書きましたけど・・・あれ、抜けてる?w
いやアレは書くほどのものでも無いですし。ぶっちゃけアイマスじゃないですしw

ニコマスという括りで見ても微妙、本当アレは微妙w
  
Posted by takamoto_and_tiup at 01:54Comments(0)TrackBack(0)音MAD&im@shup関係 | PV関係

January 01, 2011

京商に見た問題点、1/64の時代は終わりを告げた?

→一時期あんなに加熱(していたように見える)1/64は今や・・・。

と言うか家にある1/64放出したいって思うくらい。
こんなに酷かったかな、しっかりとした比較対象が無かったからか・・・?

あ、あけましておめでとう御座います。

==

さて今回家にMcLaren F1 GTR '97 BMW Motorsport LM #42が
2台(1/43 -hpi 1/64 Kyosho)揃いましたので、先にやられてる方と
ほぼ同じような感じで比較レビューをしてみたいと思います。

(※先に二度目を申しておきますがどちらも同じマシンです、本当です)

HARIP MACHINE 02 C200 006HARIP MACHINE 02 C200 007

まずはフロント、こう並べると京商のは最早別の物。
これじゃあまるでマクラーレン F1と言うよりはMosler MT900です。

なんと言うか「ぷっくり」してますよね、スマートには見えません。
hpiは流石に1/43と言うサイズにも助けられて綺麗にまとまってます。
もう少し「出っ歯」の部分を伸ばしてやれば良かったものの。

また京商は羽が低すぎますね、デフォルメ効かせてもうちょっと高くても良かったのでは?
ここからでも分かってしまう、と言うのは情けない姿。

横から見ると更なる問題点がありますね、ホイールアーチの形状がまるで違います。
hpiではしんなりした曲線を描いていますが、京商では最早「段差」
メリハリが利きすぎています、カナード(これは再現出来なくても仕方ないが)がないのでより。
なのでフロントに掛けてのラインも変わってしまってますね、これもまた「別な車」に見える要因のひとつ。

HARIP MACHINE 02 C200 008HARIP MACHINE 02 C200 009

(写真が下手ですみませんorz)

左ではNACAダクトの省略が見て取れます、何故外側だけ?
hpiでも穴が抜けている訳ではありませんが、それでもちゃんと再現はしています。
また真後ろから見ると全体的に「ぺちゃんこ」ですよね。
ただ平べったいだけになってしまっている、うーん・・・hpiを見るとそうでもないんですけどねぇ。

==

結論としては「デフォルメが甘い」のでしょう、hpiはサイズに合わせてきちんと詰めてあるという印象。
一方の京商は値段(850円)の割には「デカールだけ?」と言う印象に。
肝心のACO車検証もないので、割高感バリバリ。

比べちゃいけないかも知れませんが、1/64からこの世界に入った私としては比べたくなるんですよねー。
そこで「引けを取らない!」と言う事を証明出来るほど品質が高くなって欲しいですが・・・。
最近何処も1/64に関する発表が芳しく無いので、もうダメなのかなー、と。

と言う訳で2011年は1/43イヤーだと思います。いや去年あたりからそうなってましたがw
  
Posted by takamoto_and_tiup at 21:48Comments(0)TrackBack(0)1/43ミニカー 

December 31, 2010

2010年も終わりが近づき、そろそろ2011年ですが・・・今年は濃かったような?

→音楽面では充実した一年でした。

とは言えニコマスにおいてもでも色んな変化がありましたが。
何がって言われると一番はコレですね。

im@shup/ノベマス/架空戦記系P→PV系Pに。

一気の転身でしたねー、とは言え今年の初めなんかに上げたのは
今見るとこっ恥ずかしくて死にたくなりますがw
・・・まぁ実際の所はPVに逃げてきた訳なんですけどね、ノベマスは底上がり過ぎw

その点PVなら色々好き勝手出来ますし、意外とこっちの方が向いてたのかも。
来年はもっと捻くれた動画作ります。

==

さて今回はその充実していた音楽面(そっち?)を振り返り、
「死ぬまでに聴いておいて良かった20曲選」をやってみたいと思います。
一応2010年時のものなので、これから先変わる事は・・・ありますw

それでは早速。

1.Just A Day/Feeder

豪快なサウンドに荒々しいヴォーカル。これ程楽しい楽曲もそうそうないですね。
頭空っぽにしてとにかく暴れながら聴けば色々吹っ切れる事間違いなし。
でもあんまり聴いてるとバカになっちゃいますよ?w

2.僕に、胸キュソ。(弱気なバカザンス)/O.M.Y.

正に「プロの犯行」と呼ぶに相応しき楽曲。何かズレてる何か気持ち悪い。でもクセになる。
本家よりも中毒性の高いカバー(?)には本家も認めるほどだとか。
O.M.Y.では「RYDEEN」のカバー「RYZEEN」もオススメ。酷いです。

3.ゲレンデがとけるほど恋したい/広瀬香美

何故か「ロマンスの神様」より知名度の低い本曲。
爽やかなメロディと抜けるような明るさ、そして歌詞ががいかにも冬向き。
2010年も色褪せない「名曲」 そしてこれからも冬になれば・・・。

4.Catch You Catch Me/グミ

伝説的なアニメ「カードキャプターさくら」のOP。
透き通ったヴォーカルと聴く者をうきうきさせるメロディはアニソンらしいアニソン。
・・・と言うか最近は変にカッコ付けすぎだと思う、これくらいで丁度良い。

5.E-wake/AKIRADEATH

「堕落した世の中に中指突き立ててデモか行進起こそうぜ!」
ただカッコイイだけじゃない、歌詞の過激さがヤバい、規制されてもおかしくない!
あれこれ御託並べる奴はまず聴け!その後首を吹っ飛ばしてやるから!

6.Party Started (With Mad Dog)/Art Of Fighters

「このパーティは止められねぇぜ、さぁ朝になるまで騒ぎ倒そうか!」
これぞ「AOF」と言った勢い、芯の強さ、MCの煽り!
今はただ踊って踊って踊りまくればそれでいいんだよ!

7.Now Is The Time (Hixxy & Trixxy Remix)/Scott Brown

「不朽のアンセムここにアリ、ハッピーになれりゃそれでヨシ!」
未だ尚根強い人気を持つScott Brownが生み出した最強ハピコア。
バカになって良いんだ、それでこそハピコアなんだ!w

8.Can't Escape The Chocolate Syrup/SHAKALABBITS

そんなシケた面してどーしたんだよ、まぁコレでも聴けよってな感じで。
実はずっと暖めてるPV案を持つ曲なんですけど、多分実現しません。
メルヘンな感じです、そう言う事です。でも可愛いだけじゃなくて、棘も鋭いですよ。

9.IF YOU WERE HERE/Jennifer

ダンスポップとしてはもう最高、心にグッと来ますね。
実はこれ洋楽じゃなくて邦楽・・・ってのはもう数年前の話ですね。
悲哀な雰囲気を持たせながらのこのノリ、正に日本のお家芸、でしょうか。

10.Empire/Hybrid

まるで映画のサントラのようなトラック、重厚で張り詰めた緊張感が6分丸々詰まってます。
テクノ?ロック?いえいえ「ハイブリッド」ですと言いたくなるような独特の雰囲気。
ジャンルに縛られない音楽がここにあります。

11.美しく青きドナウ/→Pia-no-jaC←

なんでこんなに楽しいのだろうか。体を動かさずにはいられない!
とにかく音が跳ねていて、聴いてるこちらにまで伝わってくるその躍動感。
「音楽を聴いていて良かった」と体感できるトラックです。

12.From Memory (Matrix Remix)/Mistabishi

楽しかったあの頃から見た今の自分は、どう見えるでしょうか?
単純ながら心に刺さる歌詞は思わず涙せずにはいられない「泣きドラムン」
ここからもう一度、何かを始めてはいかがでしょう。

13.5OUL ON D!SPLAY/Daiki Kasho

やってくれたな!と思わず嬉しくなった楽曲。心揺さぶられた。
と言うかもうMOTC降ろしちゃえば良かったのに、こっちOPで良かったよ。
ただただカッコイイ、何で人気出ないんだろうDaiki Kasho・・・。

14.A Happy Life/林原めぐみ

岡崎さんの方も知っていますがあえてこちらで。
全体的にほんわかと優しい雰囲気の漂う曲ですが、芯は強いです。
また林原さんの歌い方がとても良い!声優曲はどうも過小評価しがちな私ですがこの曲はオススメです。

15.Enter the Time Machine (DJ Mad Dog Mix)/Tha Playah

「Nightmare」シリーズ屈指のアンセム、これ掛ければハンズアップ間違いなし!
それ程ズルい楽曲です、無理矢理盛り上げられます。もう廃れないですねコレ。
正に永遠のダンスナンバー、ダンス出来ない?意地でやるんだそんなの。

16.Feeling High/Slippery Disco

3行も要りません、ここまで来て聴かないなんて選択肢、ありませんね。

17.I.n./Cycle

IIDXに収録されている「あの曲」クリソツなナンバー。
透明感溢れるドラムン、それじゃリキッド?いえいえしっかり「基」が強いです。
ドラムンの持つ疾走感を最大限に引き出したとも言える本曲、レア度も高し!

18.SigSig (DJ DEPATH&M-Project Remix)/kors k

SigSigのリミックスは数あれど、ここまでスペイン寄りなモノもあっただろうか?
実はかなり古いリミックスになるらしいですが、出来はズバ抜けてコレが一番。
恐らくこれから先もコレを越えるSigリミは出ないでしょう、正に「最強」です。

19.The Curse Of Ka'zar/Lemon Jelly

本来でしたらアルバム通して聴いていただきたいのですが・・・敢えてこの曲だけで。
以前欠いたように「小旅行」を終えて帰ってきた時に流れるような曲、と書きましたが
つまりEDとしては最高なんです、壮大で温かみのあるED、アルバムごとどうぞ。

20.いつか溶ける涙/savage genius

あえてエキストラトラックにはコレ、やっぱり最後はきっちりこちらに〆て頂きます。
本来でしたらCurseで終わり、てな感じですがこの曲を入れない訳にも・・・と。
と言う訳でこちらは暗い雰囲気のED(BAD END)で、ダメですか?w

==

こう選んでみると予想以上にアニソンが。やっぱそういう気質なんですかね?
ともあれもうそろそろ2011年!それでは皆様よいお年を!

  
Posted by takamoto_and_tiup at 02:33Comments(0)TrackBack(0)音楽関係 

December 12, 2010

タイトルは基本的に厨二(笑)てな感じで。

→今回は珍しく非公開なし、まぁそれだけ手を抜いたからどーでもいいって言う。

(im@s PV) 楽しかったあの頃を振り返るのは罪なのかい?

手を抜いた、とは言え最低限の事はやってます。BPM合わせくらいは。
ただシンクロもお世辞でも合っているとは言えないし、これと言ったキメもなく。
本当に映像の作り方以外では「平凡以下」だなぁ、とw

と言うのもこれのコンセプトの一つに
・Do-Daiを叙情的に魅せる
なんてのも含まれてまして、じゃあ下手にぶつ切りに・・・と言い訳したいのですけど
実際の所「どこでどう切ってどういう構成にした方が面白いか?」が思いつかなかったんですよw
なのであのまま、でもあれはあれで味があるかなぁw なんて。

また序盤に箱○の映像を挟み込んだのは尺足らず・・・ってのもありますが
箱→アケ(実際はSPだけど)と言う構想も含んでの演出です。
あの頃はよかったねーみたいなタイトルも間違っちゃいないですw

==

・・・しかし最近本当ダウン系ばっかりで嫌になるw
今度は馬鹿みたいに明るい奴作りたい。一応構想はあるんだけどw
ただ本気で難しい奴なので下手すると年明けるかも。

構想どおりに出来たら今度こそSSD挑戦したい。どうせまた逃げるだろうけどね!w
  
Posted by takamoto_and_tiup at 14:44Comments(0)TrackBack(0)PV関係 

December 05, 2010

QはAを兼ねる・・・多分。

→つまり・・・どういうことだってばよ!? どう言う事なんだキバヤシ!

(im@s PV) sO, HavE YoU FouNd A REaSoN To FigHT YeT? --

知るか自分の胸に聞け!w
と言う感じで今回はDrum'n'B@ss第二弾です。難産難産言いながらさぼってただけな気が。
ただエフェクトをアレだけ使ったのも珍しい気がする。縦に長かったなぁw
(※いっぺんに使って無いのでそんな風に見えないですけど)

ま、エフェクト使った分中身がかなり薄くなってしまったのは何と言うか私らしいと言うか。
どうにもアレを上手く演出にこぎつけるのは私には出来ないらしい。hmmm....

そう言えばタイトルは主コメから「ウォッチメン」ネタっぽいですが、個人的には寧ろ音ゲー(IIDX)ネタだったり。ちなみにタイトル自体はAC ZEROネタ。PJが死ぬあのシーンですね。
何でACなの?と言われると登録前に見てたのが「円卓の奇人」だったので・・・w
(英訳すると「The Madness lord of Round Table」? Demonより恐ろしいわ)

じゃあ何で主コメはウォッチメンなんだと突っ込まれたらそりゃあ・・・w
ちなみに嘘m@s期間と言う事で「あ、丁度よくね?」と思ったけど逐一Pの指を折りに来る伊織なんて嫌だなぁ、とか。流石にそれでありがとうございますって言えない。紳士の器小さいもん私。
・・・いや美希と春香じゃねぇのかって、実際の所鈴・・・サイドウォールさんにしたいですけど。
流石にDS未プレイなのに動画で使うのはちょっと・・・うーんw
2次創作でごっちゃにされてる状態なのでどうにも酷い方向にしかw

E「どうして・・・うちに?」
RS「センパイの顔が見たくて」
E「あと・・・それ私の?」
RS「・・・お腹空いてたので」
E「うん・・・それなら仕方ない?角砂糖も要る?」
RS「貰います」

何かちげぇ!w
よし逆にしてみようか。

R「あの、どうしてウチにセンパイが、それと何食べてるんデスか」
E「・・・もらってる?」
R「いやいいデスけど・・・せめて連絡くらい」
E「・・・まどろっこしい?」
R「もう良いデス・・・」

何か違うぞw
やっぱきちんとやってないとキャラが掴めないですな。

==

話を戻して、今回はとりあえず「エッジ!シャープ!」ってな感じで尖った映像を!と入れ込んでみました。
また今回も元(オフィシャル)PVを意識した作りで、色の強さ等を参考にしてあります。
・・・元が元だけに「私はカッコ良くしてやるぜ!」と思ったけど元より酷い出来。
流石にプロはそうそう超えられないですよね、くそうしかし次回はw

次回もアッパーテンポな曲でやれれば良いですけど、なんか80'sチックになりそうな予感。
と言うか逐一太字解除するの面倒なんですけどlivedoorさん、どうにかなんないの?w

  
Posted by takamoto_and_tiup at 21:23Comments(0)TrackBack(0)PV関係 

November 17, 2010

TGがそろそろ始まるらしいので。

→とりあえずDJ Shadowですよね!

(im@s PV) 寂れた知恵と濁った眼鏡。雪歩を見る。頷く。

ブログだけが救いw
ここまで見つかったら何も出来ねぇよ!なんて。

==

今回は例の「ステージ照明とカメラのチェック」からの続きものになります。
実験作品、みたいなものですね。
とあるお祭りに参加できない腹いせと言うのもあるんですけど、詳しい事は口を紡ぎますw
まぁ、あれは自分の貧困な発想が・・・。

その「貧困」から繋げて「あ、雪歩だな」と言うのは後付です。
元々「雪歩、美希、あずさ各人のソロPVを作る」と言うのを決めていて、
雪歩はダウン目なのをと思っていたのです。と言うか最近ダウン目なPVばっかりな気もしなくないですけど。
最近になって色んなイメージが入ってきたので、一気に作り上げました。
・・・まぁ、美希のは完成しないですw あずささんのはお蔵入りしました。
(言ってしまうとAfter Game Of Love/DDR 3rd のPV、しょーもなくしょぼい)
ついで言うと真っ当すぎるんですよね、新しいあずささんの顔を探したい。

さて上記にもあるとおり、今作は「実験動画」です。
見ていただけると分かるのですけど、基本的な所がかなり適当です。
とりあえず音と映像が合ってるように見えればいいかみたいなw
その後の加工のやり方のほうが大事だ、と。
と言っても結局途中で飽きてあんな感じになってしまったのですけどね。

ただ今回は「画質を歪んで劣化させる」方法が見つかって嬉しかったです。
あの「妙な画質」は半分は狙ってやったものの、半分は偶然。
雪歩までの距離が中々に良い感じです。「やよいのアレ」で表現出来なかった感じが雪歩で表現出来るのは・・・やよいが私に近すぎるからだな!(笑)
雪歩との距離はこれから少しずつ縮められれば嬉しいですね。



・・・って何の話だ?w
  
Posted by takamoto_and_tiup at 23:12Comments(0)TrackBack(0)PV関係