July 28, 2010

・・・そう言えば何気凄い体験していたのかも。

→幼い時の自分の記憶(と写真)を引っ張り出したら。

何かTS010(カシオ、デンソー仕様)と一緒に写真を・・・。
片方は恐らくMEGA@WEBでの展示で、もう片方は不明。
でもそちらもMEGA@WEBだったりするのでしょうか。

と言う訳で、本当にこれだけなのですがそう言えばもう直ぐ夏コミなんだなーとか。
どうしてそういう話になるんだ、とお思いでしょうけれども・・・
単に「有明」、またの名を「決戦地」とも呼ぶビッグサイトですがその近くに上記のMEGA@WEBがあるのです。
一年前の夏(だか二年前だか)に少しだけお邪魔した帰りに見つけてビックリしたのを未だに覚えてますw
その時は友達も居たので素直に流れに従いましたが一人だったらふらっと寄った筈・・・。
や、それ位個人的には夢の空間だったと把握してます。
とんでもなく前のお話なので今はどうなってるか全く分から無いのですが・・・。

==

・・・あ、もしかしたら片方は池袋のアムラックスと言う可能性も出てきた。
そう言えばあそこの地下で売っていたミニカー、小さいD2メルセデスを親に買ってもらったのを思い出した(勿論今は行方知れず)のですが、アレってミニチャンプス関連の「マイクロチャンプス」だったのでは・・・と。そう考えるとあの頃の自分では間違いなく年齢外れてますね。勿体無さ過ぎる・・・!
加えて安っぽいスケール不明のST185(後年はST205のみだったかな?)も今では定価以上になってるとかなってないとか・・・。

・・・実は持ってます!(傷だらけですし箱も無いですけど)
もうお見せ出来るほどの状態ではないので、写真は無理ですが、
このモデル面白い事に底面にTOYOTA/Castrolと例の模様が共に入ってるのです。
尚、メーカーはLLEDO PLCと言うメーカー。何故か番地も刻まれています。

Made in England by LLEDO PLC ENFIELD EN3 4ND

と。
そうこのモデルまさかの英国製。
今見てビックリです、そりゃ高くなってるような話を聞くわけだ・・・。

==

ちなみにST185の方は私が最初にアムラックスに訪れた時には売られていたようですが、その後販売中止、ディスプレイに飾られているだけでした。
こちらも似たような出来(下手するとST205以上の可能性も)なのでLLEDO PLC製だと思うのですが何分記憶が数十年前・・・確かなことは分かりませぬ。
旧いアムラックスの売店についてお知りの方が居りましたら是非コメントお願い致しますorz

・・・と言う訳でまた新しいミニカーを撮り損ねたが故の思い出話でした。
でもあの頃からCカーの存在をうすうす感じていたとは・・・流石私としかw
  

Posted by takamoto_and_tiup at 01:52Comments(0)TrackBack(0)車関係 

July 25, 2010

やはり店頭で買うべきだったなぁ・・・と。 1/43 Spark Models(KB Special) '91 Jaguar XJR-14

→まぁモデルの出来自体は素晴らしいのですけども。

細かい「アラ」がどうしても目立ってしまうのは全体が整っている証拠。
ま、カッコ良ければそれで十分ですw

と言う訳でして、久々のミニカー紹介は「崩壊期」真っ只中のGr.Cマシン「XJR-14」で御座います。
レギュレーションの改悪により、その先は言わずもがなの道を辿らざるを得なかったGr.C
グループ数字からの切り替えから実質十年と少しで消滅してしまったカテゴリですが、このクラスに出場したマシンは今では考えられないような奇策と、当時の最先端技術が織り交ぜられたいわば「夢のカテゴリ」的な部分を担っておりました。
故にそのマシン達も強烈で、顔ぶれも様々。今尚非常に興味深いカテゴリだと私は思います。

HARIP MACHINE 02 C200 001

で、今回紹介するマシンは上記にもありますが「崩壊期」の中で登場した濃淡の異なる紫が印象的なマシン、XJR-14となります。
ご存知の方からすると「何故Slik Cutじゃないし」と思われるでしょうが、Silk Cut仕様ではデカール別途貼付、つまり最初からマシンにSilk Cutデカールが貼られている訳ではないのですね。
加えて後々紹介する要素が更なるデカール貼付難易度を上昇させており、素人の自分には無理と判断。
ので最初からメインスポンサーが貼られているこちらの「Suntec」仕様を選んだわけです。

前置きが長くなりましたがマシンの説明を。

HARIP MACHINE 02 C200 002

前途の「FIAによるレギュレーション改悪」により、当時のF1レギュレーション規定のうちの幾つかをGr.Cにも採用し、WSPC(SWC) (※当時のGr.Cカーによるレース)に参加していたメーカーをF1に呼ぼう!と言う企みはまんまと破綻してGr.Cは滅亡するわけですが、その思惑を逆手に取りF1のエンジンをGr.Cに転用してしまったのがこのXJR-14。
(事細かく話すと色々ややこしい部分は御座いますが、ここでは省略させていただきます)
TWR(トム・ウォーキングショー・レーシング)が主体となって完成させたこのマシンはあの名将(匠)「ロス・ブラウン」が設計。フロントに設けられたミニウィングや巨大な複葉式独立ウィング等様々な工夫が施され、徹底されたマシンメイキングはこの年のSWCタイトル獲得へと繋がる事になります。

HARIP MACHINE 02 C200 004






とは言え実際の所、新レギュレーションにあたふたしていた各メーカーは十分なマシンメイキングが出来ていたとは言えず、唯一の対抗馬として評されていたであろうプジョーもジャガー撤退後にSWCのタイトルを獲得した程。勿論速いマシンだとは知っているのですが・・・後もう一年くらい残って欲しかったかも。
故に「運と環境に恵まれた」と言うイメージが強くむむむむ・・・てな感じ。
やはりDVD買わなきゃダメかのう。

HARIP MACHINE 02 C200 005

さて実際のマシンに関するお話はこれまでに致しまして今回のモデルの紹介・・・と行きたいところですが!
この一つ前の写真を見て頂くとお分かりの通り「Suntec」の「n」の部分がデカール欠け!あちゃー。
(ちなみにここが先ほどの「難易度上昇の要因」ことNACAダクトが存在する側。
あそこだけ更に別に分かれていまして、こりゃ器用じゃない私にゃ無理だな・・・と判断したわけです)

更にウィングが曲がっているのを見てちょっと直そうかなぁ・・・と思ってウィングを曲げた所

バキッ!とか言ってマズったかと思ったら良かった取れてないと安心したのも少々の間。
何とウィングを支える為のワイヤー(?)が取れておりました・・・げー。
幸い軽く外れただけみたいですので何とか手で弄って直したわけですが・・・やっちまったなーw
いやしかし見事にハズレ個体です。やはりスパークは通販じゃダメだのー。

HARIP MACHINE 02 C200 006

ただ細かい造形は素晴らしく、ショボいうちのデジカメでもこの通り。映えます。
デカール欠けも「本戦がそういう仕様だったんだよ!」と言われれば納得。
ウィングに至っては自分の責任ですし・・・。
格段安売りとかではなかったので少々高く付いた印象ですが、ま、スパークがどんな感じのモデルなのかこれで漸くハッキリしました。
気になったのはこの綺麗な模様もデカールのようで、経年劣化によるヒビ割れが凄く心配。
最悪このマシンはどこか奥深くに眠らせてしまう可能性も。
ただ色んなデメリットを差し置いても実車から(と言っても自分が見たのは写真だけw)損なっていないこのカッコ良さの前では「どーでも良いな」とw

さてモデルの最終的な評価ですが、個人的には「☆3.5点/5点満点」と言った感じです。
細かい出来は素晴らしく、何より車種のチョイスが絶妙。
それで居てボテッとしておらず、シャープな立ち姿はレースカーそのもの。
色々と不備はあれど気に入ったモデルです。

とは言えその不備の所為で1点近くマイナスなのですけどねw

==

初めてのスパークでしたが本当に良く出来ていますねー。
通販はヤバいよ!と言われていてもどうしてもこのモデルだけは気にかかってしまったので思わず購入した次第ですが、総合的な出来は予想以上のモノでした。
これで今頃もし近くにミニカーショップがあったと思うと・・・ゾッとしますw

HARIP MACHINE 02 C200 008

最後は今現在読み進めている雑誌「レーシング・オン アーカイブス/ル・マンの壁――世界の列強」と。

  
Posted by takamoto_and_tiup at 20:17Comments(0)TrackBack(0)ミニカー関係 | 1/43ミニカー

July 24, 2010

良い機会なので旧ブログの記事を整理してみました。

→と言う事でホラM@S祭関連以外はほぼ削除いたしました。
(Ridger@cerの記事が一つ残っておりますがアレは念のためです)

ホラM@S祭は私以外の方も関わっていらっしゃるので。
整理する事も無いのですけど、なんか旧ブログの方が伸びが良いので。
何故じゃ・・・何故更新がストップしてるにも関わら(ry

あ、それと今更ながらにゲーマガの増刊号買いました。
下敷きとか勿体無いし使えないよ!w ポスターがリバーシブルで2冊買えって言われた気がした。
じゃないとまた春香さんが不憫に。
(SP01のジャケットも飾りようによってはやはり・・・)
もう中身は言わずもがな、加えて色んな所で既出なので割愛!

でまぁ何にもする事が無いというのもまずいと思いますので
今度こそ「ミニカーブログ(笑)」としての一面を!
明日早速新(と言っても発売自体はかなり前)ネタが入ります。
今回のマシンは往年の名カテゴリー、「Gr.C」よりあの名車が!

・・・綺麗に撮れるかなぁw
  
Posted by takamoto_and_tiup at 23:53Comments(0)TrackBack(0)雑記・その他 

やってしまった・・・。

→「紳士の領域」が消えた件について。

簡潔に申せばコミュ動画(消滅した自コミュ)設定にしておりまして、
自動的にその下の律っちゃんコミュ動画に設定されかけてたみたいで。
で今回生とか色々緩和しようとしたらコミュ動画設定に・・・。

本当申し訳ございませんでした、心からお詫びを。

とりあえず当該動画は削除、コミュからも除外致しましたが
「マイページ」のTLには残ってるみたいですね・・・(2時30分現在)
・・・これは非常にまずい気がする。

==

ただ今の所これ以上の手立ては無いと思われますので報告はここまでとさせて戴きます。
重ね重ね誠に申し訳御座いませんでした。

尚当該動画の再うpは致しません。ご了承ください。
→反省のため、ニコマスP活動を少々の間自粛いたします。


  
Posted by takamoto_and_tiup at 02:46Comments(0)TrackBack(0)PV関係 

July 23, 2010

正式なバトン

→実は「QBP Vs. Mgr_TakamotoP」と言う対決企画モノだった!

(im@s PV) 真美はね、向こう側に行くの。兄ちゃんに見放されたから。 (im@s PV) ステージの上で光り輝く春香さんは、誰よりも眩しく美しい。

左:Mgr_TakamotoP(a.k.a 高本課長P)  右:QuadrifoglioP (と言う設定)
でも実際「明と暗」と言う感じでうまーく差異は出せたと思います。
また色調の弄り方を同じ雰囲気にしたのも狙った演出の一つです。

元々はある企画の為にいろいろと進めていた訳ですが、それが見事に頓挫してしまいまして。
けど直ぐに風向きが良くなったので、こんな感じの動画に仕上げる事が出来ました。
諦めずに色々と詮索してみるものですw

さてまずは私、こと高本課長Pの動画から。
あの動画は元々双子で(亜美真美揃って)作ろうと思ってたのですが、
それって絶対MADからお借りしないと無理だよね・・・と言う所から始まり、
じゃあ以前亜美の動画をやったから今回は真美で続編を、と。

ただそのままあの動画のコンセプトを持ってきても面白く無いので
春香さんがダンス~の構想とくっ付けてみてはどうか?と。
まぁ最終的にこのダンス云々のくっつけ構想は使用した曲だけになってしまうのですがw
ただ以前とは違ってそこにはっきり真美が居る!としたのは元PV意識。

だって幽霊にも何にもなってない・・・w

しかし例の「Deadmau5マスク」は使うべきだったなぁと反省。
それを挿入する技術を次回までに身に付けておきます。

==

さて今度はQuadrifoglioPですが、ぶっちゃけ何も考えずに作りました。
ただ底抜けに明るくて(視覚的な意味で)ともかく強烈な(視覚的な(ry)モノならなんでも良いや!とw
楽しい以外の言葉は要らないのです。ひたすらアガってアガってブチアガって終わるのです。

で、最近の動画にしては珍しく色々拘らず、ともかく曲の勢いを殺さないように殺さないようにと心掛けて「くだらない統一よりも雰囲気重視」で作ってあります。
高本課長P側はステージその他諸々合わせてありますが、こちらは衣装とアイドルだけ。
色調も若干違ってますが「まー雰囲気は変わらんし押せ押せで!w」と本当に勢いだけで組んであります。

まぁこちらは今はやりの「 吹 っ 切 れ た 」面があって個人的にはこちらの方が自分らしいかな、と。
じゃあ高本課長Pの方は違うのか?と言われるとそれもちょっと違うと言いますか・・・。
・・・ややこしいなぁ本当w

==

今回の対決企画は色々学べる事が多くて、動画にはまるで現れておりませんがスキルアップ出来たと思います。
それでもまだまだ精進しますので・・・ええと、期待してはダメですよ。
「期待してくださいねー!」と言えるくらいの自信持ちたいですけどそんな動画はまだまだ作れない・・・。

ともあれ次回から通常運行の「高本課長P」に今回学んだ事を反映させねば!
ではまた次回!あればですけど!

  
Posted by takamoto_and_tiup at 00:03Comments(0)TrackBack(0)PV関係 

July 01, 2010

移行完了・・・?

→7/1付けで「高本課長P」に復帰いたしました。

QuadrifoglioPタグの付いている動画は恐らく消えた筈ですが・・・付いてたらそっとついった辺りで教えて頂ければ有難く思います。
編集している時に何度もエラーが出たのでもしかたら漏れてる動画も・・・。

で、今回の編制に伴いガーシンダーPの動画も統合/削除。
またマイリスから外した動画も。
しかしながら現在投稿している動画が80件(非アイマス含む)とか・・・多すぎる。
かなり編集に手間取っちゃいました。

ついでPV関係はPV用マイリスを主コメに。
音いじり関係はやるかどうか微妙・・・そこまでやるとなると主コメ書き換えも視野に入れていますし。
まぁぼちぼちやって行きます。

その他mixiやTwitter(これは少し前に変更済み)も細かく変更。
基本的に「Mgr_TakamotoP」で統合してありますので気になった方はこちらで検索をすると吉でしょうw
とは言え先ほど完了したばかりなので反映されているかどうかは不明ですが・・・。

あと個人コミュを密かに立ち上げていたのですが解散するみたいです(笑)
まぁ一応コミュ限定のPVも上げるつもりなのですけど、早くしないとね・・・。
とりあえず今日から色々少しずつ統合/削除/簡易化を進めていきますのでちょっとばたばたしてしまうかも。
でも新作はやるよ!w

しかしもう7月か・・・R4・・・もうダメかも分からん・・・。  
Posted by takamoto_and_tiup at 01:44Comments(0)TrackBack(0)雑記・その他