August 28, 2010

TRAX & Feel the Pressure 届いたよー!

→TRAXのレベルがやば過ぎてFeel the Pressureほぼ聴けてない(笑)

個人的にはグイグイ来るTRAXの方が楽しくして仕方ない。
故にリピート回数も自然と増えてしまって増えてしまって。
その関係で1日発送が遅れたFeel the Pressureは聴き足りてない部分も。
ただamigosが色々変わっててビックリしましたねー。

てかミドルテンポ版じゃなくハーコー版とは。
(※ぶっちゃけBonkersの時の奴なんか比じゃない位良くなってます)
展開も割と忙しいのでロングレングス仕様ではどうなってるのやら・・・。
(※全曲ほぼRadio edit収録です)

更にあと1週間ほどしますとAATW系では最強ともいえるハーコーコンピ
Hardcore til i die 3」が我が家に届く事に。

つまり我が家が熱くなるのは夏も終わる頃と言う・・・。
ともかくどれもじっくり聴かねば!

とりあえずの総評
TRAX:☆×5 / 下半期だけでなく上半期を見てもコレを超えるアルバムは見えず。
正直UKとかハピコア好きなら押さえて置かないと言う選択肢は無いのでは。

Feel the Pressure:☆×3.5 / 推しバムではあるけど難しいところ。
CDではなくiTunes Storeあたりから曲単位で購入するのもアリ・・・な気が。
  

Posted by takamoto_and_tiup at 23:05Comments(0)TrackBack(0)音楽関係 

August 23, 2010

やっぱり没になった。

→まぁ・・・ノリだけ合ってても・・・ね。

相変わらず最後まで持ちません。それなりの形にはなっているんですけどね。
結構弄繰り回した(アイマス側の音声を)けど・・・仕方あるまい。

今回の音源はその内出るであろう「墓標その2」で。
それまでにある程度揃えなきゃ・・・まぁ今も結構あったりするのですけど。
とりあえず「うどん食えキラリ」の前の構想の奴を聴いてたりしますが・・・

これは黒歴史だな(笑)
いや酷いってレベルじゃないっすよコレは。

と言う訳で次回の没祭はハーコー満載で(あれ?
むしろハーコーだけで5曲くらいクロスフェードみたいな感じでやりたい。
そうなるともう新規でやるっきゃないなぁ、頑張るかぁ・・・。

どうせ失敗しても没音源で回収すれば・・・w
  
Posted by takamoto_and_tiup at 02:09Comments(0)TrackBack(0)雑記・その他 

August 21, 2010

そうそうmp4ファイルは放っておくと劣化す・・・る訳ないだろっ!w

→と言う訳で「紳士の領域」が復活しました。

(im@s PV) Gentlemen's Area - Nostalgia -

と言ってもそのまま復活させる訳もなく。
ただ以前のより「こうしたかった!」に近づけられたのでこれはこれで?
しかしざーとらしい雰囲気になってしまった。副題すらざーとらしいw

さて次回は久々にサムネが黒くないかも知れません。
どう言う事かと申しますともしかしたらPVでもノベマスでもない「アレ」が。
まだ弄ってる途中なのですけど一応告知しておきます。

なんとかPV付けたいですけどね!
  
Posted by takamoto_and_tiup at 02:22Comments(0)TrackBack(0)PV関係 

August 15, 2010

ご無沙汰・・・ですかね。

→2週間のはずが3週間も自粛した男、スパイダーマッ!

1週間掛けた割には大して良い品質ではないのですけどね。
やっぱりPVにしておけば良かったのかのう、とか。

(im@s Novels) ざ・まぁだぁ だい一わ 「きずなをこわしにきました」

最初は猟奇チックな「ジョーカー三段落ち」の人を描こうかと思っていたのですが、作ってるうちにどんどん像が崩れてしまいまして現在のあんな適当な人に。
一応まだ名前は出ていないので伏せてはおきますが、アイマス関係者ではないです。
さてこの後やよいを救えるのか!?そして犯人の正体とは!?
と言う所で未完のまま終わります。

そう言えば何で高本課長×オイル漏れなのかと申しますと演出/脚本の名義分けで御座います。
・・・演出と言ってもSEが付くか否かの差なんですけどねw
後「ピンバッチ」を引き抜く時とか、勿論狙ってやりました。
ただちょっと忙しない出来になってしまったのが痛ましいと言いますか・・・。

あ、ノベマスなので久々にセルフQ&Aをば。
ここに掲載されている以外の疑問点は恐らく私のミスです。

==

Q.敵はどんな奴?
A.割と適当な奴です、先日の日記の人物に自分の性格も足してありますので
色々厄介な人物だったりします。基本的には自分のために殺しをやるタイプ。
ちなみに本名等不明な点も多い厨二要素満載なキャラだったりも・・・。

Q.そんな人間がどうしてあんな爆弾作れたし。
A.厨二ですから(キリッ

Q.爆弾を探す時に律っちゃんが事務室と断言した根拠は?
一番出入りがあるのが事務室だったので、そこではないか、と。
後は入り口云々の仕掛けの感じから、但し反対側の窓にも同じ細工を施してあるので窓から外に投げても爆発します。また反対側の窓の方は感度を上げてあるので下手に動かしても・・・。

Q.女性とは言え三人がかりで動かせないような爆弾をどうやって・・・。
A.そこ触れちゃダメ!w (ただ行き当たりばったり演出ではないです)

Q.都内で爆発した爆弾の数は?
A.30ちょい、死者は5000人前後を想定。怪我人を含めるともっと。
そのため若干ながら報道管制も布かれており、また電話等も回線がパンク状態。
尚爆破の対象は学校から駅、駐在所と大小様々な所が爆破されております。

・・・どうやってそんなに仕掛けられたのか、と言うのは上の問いと同じ答え。

Q.律っちゃんの性格が変です。
A.未だに掴みきれてませんホントすみません。

Q.敏い千早に違和感が。
A.ちょっとした伏線です。

Q.最後は一体何が起きたし。
A.まぁお決まりのパターンです。

Q.ぶっちゃけ続くの?
A.さぁ・・・。

==

とまぁこんな感じでしょうか。
次回はまた間が空くと思います、と言うのも何やろうか思考中ですから・・・。
  
Posted by takamoto_and_tiup at 01:24Comments(0)TrackBack(0)ノベマス関係 

August 12, 2010

そろそろ出来上がるので!

→更新しないとか言ったのに・・・w

えー、まぁお知らせみたいなモノです。
何とか1話が仕上がりそうなのでついったのID晒しておきます。

→Mgr_TakamotoP

・・・変わってねぇじゃねぇかよ!とも思うでしょうけど、コレしかなかった!w
一応「tkmtP」で復帰していたのですけど、この名義潰したしなぁ、と。
であれこれ悩んだ挙句に戻してしまったと言う、相変わらず面妖な、面倒な。

あ、発言も相変わらずなのでフォローする際には注意です。
以前よりは感情に流されないようにもしておりますけども。
あと1話をきちんと投稿した際には最上部も元通りに戻します。

と言うご報告でした。どーでもいっすねホント!w  
Posted by takamoto_and_tiup at 01:52Comments(0)TrackBack(0)雑記・その他 

遂に決まったようですよ!

→DS(Darren Styles/Styles)の2nd Album「Feel The Pressure」発売決定!

「Outta My Head」や「Sound Without A Name」等々名曲詰め込みまくりんぐな2nd Album
CD2には「Amigos」も、恐らくハーコーじゃない方・・・かと。
でも1stはほぼ全曲「Radio Edit」収録だったので、今回もその路線?
と言うかSound Without A NameはSingleカット予定無いのかな。

欲しいんだけどなぁ・・・w



発売日書くの忘れてた!8/23になるみたいです!
価格は大体2500円程、やっぱ国内になると高くなる・・・。
(確かあるサイトでは約10ユーロ程だったような)

==

で、ここからは個人的に今アツい方々の紹介をば。

まずは今大注目のEntity
Drum'n'Bassのアーティストさんなのですけど、ドストライク!
メロディアスなのですけどどっしりとした・・・「ZuuuuuuuuuuuuuN」みたいな。
あ、これじゃ大仏だなw あっきーは不憫。



そしてもうご存知の方も多いSub Focus
こちらはDrum'n'BassというよりはLiquid Funk?寄りな気が。
(明確にジャンル分け出来るほど詳しくないですけど。でもDrum'n'Bassはその名の通りドラムとベースの比率が大きいのに対してLiquid Funkはメロディアスな系統と言うイメージ。あくまで私個人のイメージですので本当の所は分からないのですけど)
特にTCとの「Borrowed Time VIP」はGT5のPrePVで使用されたりDeadmau5の「Ghosts 'N' Stuff」のリミックス「Ghosts 'N' Stuff (Sub Focus Remix)」は大ヒット、今年の6月には来日も果たしています。
その活躍から確実に日本でもファンを獲得しつつあるSFから目が離せない・・・と。

褒めすぎですかね?w
尚SF自身の曲としてはやはりこのナンバーが一番。



これの公式PVも面白くて私は好きですねー。
尚SFの1st Album「Sub Focus」はAmazonでもお買い求めいただけます。
何とこの「Rock It」も収録!興味のある方は是非。

==

何でここ最近更新率良いの?と思われるかも知れないですけど
別に暇と言う訳ではなくて単に作業が滞ってるだけで・・・。

・・・マズい、明日は更新無しの方が良いかな?w
  
Posted by takamoto_and_tiup at 00:35Comments(0)TrackBack(0)音楽関係 | 雑記・その他

August 11, 2010

復帰が2ヶ月先になる可能性。

→前もって終わらせよう、としたノベマスが酷く長引いた。

軽い風邪かなーと思ったら2週間も寝込んじゃったよ・・・みたいな。
今それ以上ですけど、通しで見れば24時間弄ったんじゃないかな・・・。

そんな感じでFFSとか話の作り方で難航しておりまして、非常にマズい事になってます。
ぶっちゃけた話飛び入りでim@sミステリー祭り(主催はジグソウPさん)のサスペンス部門に・・・!と思っていたのですけど、このペースだと無理そうですね。ナンテコッタイ

てな感じでR4の二の舞になりそうなので前倒しで1話だけ公開します。
何とかそこまで組みあがりました。上がるのは今週末・・・ちょっと前とか。
あ、でも期待すると凄く損します。「全米No.1とか興行収入最高記録とかCMで言ってたから観に行ったら中身無い上に演技がダイコンじゃん!詐欺だよあんなの!」みたいなあのガッカリ感を余す事無く感じ取ってしまいます。それに私のノベマスの腕といったらアレにアレ・・・ダメだこりゃあw

あ、中身に関してはグロにナンセンスが付きますがエロはありません。
非道で非情です。私の黒い部分満載です。見たら少し欝になります。

・・・ヒントと言うか答えですけど、「ヒース・レジャー版ジョーカー」を基に独自の悪人像を書き込んだ殺人鬼が出てくるお話です。
と言ってもジョーカー分ほぼ皆無なんですけど、ヒントを得た程度ですし。

ただ私は視聴者の方々を三段、四段騙す腹で居ます。
さてあなたはこの事件の真相を第一話だけで破れるか!?w

==

追記
日記のタイトルで詐欺っちゃってる事に気が付いたのが19時間後て。
あと復旧作業くらいしろよみくそスタッフ!w 休んでるだろ絶対!w
  
Posted by takamoto_and_tiup at 02:41Comments(0)TrackBack(0)ノベマス関係 

“その2台、「敬遠」の仲につき” KYOSHO FIAT&LANCIA Collection “Alitalia SP”

→同じカラーを纏う2台、しかし何もかもが正反対のマシン。

苦心して名声を得たマシンがストラトスならば、
万全の体制と「王座への切符」によって名声を得たのが131アバルト。

ただならぬスタイリングを持つストラトス。
最早1か0しかない131アバルト。

アプローチは違えど、「宿命」を背負った2台。
今の言葉を使えば「どうしてこうなった!?」と言う2台。

・・・ぶっちゃけランボルギーニ撮るのを嫌がりましたw

==

何故「犬猿」と書かずに「敬遠」と書いた上、「仲」とまで付けたのか。
それにはふかーい理由があるのですが、簡潔に話せば

「当時はアレだったけど、今は名車で括れるから良いじゃん」

と言う個人的な趣味で御座います。
何か前置きが無駄に長くなってしまったのでそろそろ写真を。

HARIP MACHINE 02 C200 002HARIP MACHINE 02 C200 003

ストラトスはそれこそ「グループ数字時代の英傑」的な扱いですが、
その立役者となったのは131アバルトのお陰と言うのもある気がするのです。
131アバルトも「ストラトスに次ぐ」名車ですけど。

このあたりの裁定はフィアット(アバルト)派かランチア派かで分かれるような気がするのですけど、私は根っからのランチア派なのでストラトスに軍配。

--LANCIA STRATO'S HF/ MONTECARLO 1977

HARIP MACHINE 02 C200 004HARIP MACHINE 02 C200 005HARIP MACHINE 02 C200 006


未だにその輝きを失わない名車、ストラトス。
その中でも、最も有名なモデルがこの「1977 モンテカルロ仕様」
正直な話どうしてこのモデルがこんなにも有名なのか全く分からないのですが
(何せグループ数字は愚かグループアルファベットの歴史さえもあやふや)
ただ「優勝した!」ではこんなにもモデル化されない筈。

何か所以があるのがそれともただ単にマスコミが囃し立てているだけなのか・・・。

後でグループ数字に関する資料も買わないとダメですねw
最近追っているのがグループB以降なので・・・。

ただ個人的には「フィアットの政治によって潰えたマシン」とも映ります。
もしこの後に登場する131の開発が難航していたら・・・と考えるともう少し活躍できたのでは。
未だにその辺りが悔やまれるマシンではないかとも思います。

--FIAT 131 Abarth Rally / MONTECALLO 1978

HARIP MACHINE 02 C200 009
HARIP MACHINE 02 C200 008HARIP MACHINE 02 C200 007

さて翌年になりまして、とうとう「ストラトスの敵役」こと131アバルトラリーがモンテカルロへ。
とは言え実際のところ優勝したのは930、つまりはポルシェであり
131アバルトはストラトスと「2年連続」の優勝にはならなかったのです(※1)

(※1:フィアット的な意味で)

その上奮った成績も出ておらず、なんと言うザマだ!と言った感じ。
でもドライバーはビックリする事にあのマルク・アレンなのですよねー。

・・・相性悪かったのかな?

ともあれ何か建設的なことを書こうと思ったらアレとコレくらいしか言ってない今回の記事。
一番の敗因は・・・無知って所ですな、勉強せねば・・・。

==

ただまぁ今回何故この2台を取り上げたかと申しますと、漸くこの2台を並べて見る事が出来て凄く嬉しいのですよぐふふふーと言う自慢で御座います。
個人的にはマルティーニカラーとアリタリアカラーのマシンは世界で一番カッコイイと思ってますので。

ともかく次回は気を取り直してランボIIIに戻ります!
ただ他の方からすると「えー・・・」的な車種だと思いますけど、自分は好きですよ?
念を押しておきますと「Bravo」じゃない方のハズレっぽい車種です。

・・・アレ、今剛速球投げた気がw
  
Posted by takamoto_and_tiup at 02:20Comments(0)TrackBack(0)ミニカー関係 | 1/64ミニカー

August 08, 2010

ぶっ飛んでる!!しかも殆ど元曲のままとか信じられない・・・。

→2010年下半期最初の個人的アンセムだわ・・・

Negative Aは素晴らしい仕事をしたけど、元曲ほぼそのまんまだったとは。
3 Steps Aheadの凄さも際立つRefixですな。

R.I.P Peter-Paul Pigmans

 

元曲

  
Posted by takamoto_and_tiup at 00:37Comments(0)TrackBack(0)音楽関係 

August 07, 2010

赤は実在するのか・・・? -KYOSHO Lamborghini Collection III Countach LP 500R

→カウンタックと言えばアレっぽいが、クンタッシと言えばアレっぽい。

結局何が何だか分かりませんなコレでは。
個人的には「クンタッシ」の呼び方を知ってからはこちらを多用するように。
カウンタックの方が音はカッコ良いですけどやはり元音に忠実でありたいです。

さてそんな「クンタッシ LP500R」ですが、知っている方は知っている通り「ランボルギーニ正規品」と言う訳では有りません。どこぞの良く分からん日本人かも外人かも知りえる事の出来ない人がノーマルのLP500(400?)を勝手に弄って「Sに対抗してRと名づけちゃる!」として誕生したのがこのLP500R。

誕生後も色々な人の手に渡りながら消息不明の期間も存在し、現在ではあるオーナーさんの元でオリジナルの状態に戻され、大切に保管されているとか。
適当な説明ですけど、これ以上の詳細な説明は年代的に無理ではないでしょうか。

HARIP MACHINE 02 C200 001HARIP MACHINE 02 C200 002

さてそのモデルを年代ごとに再現したらしい今回。
一番人気なのは黒に金のメッシュを履かせたモデル。
そちらは以前シクレと同確率と言うお話をしましたねw

とは言え車としては「ストライプだ!」以外は平凡。
羽も特徴的なあのブーメラン型ではないですし。
ぶっちゃけこの車はある程度思い出補正が無ければダメなような・・・。

HARIP MACHINE 02 C200 003HARIP MACHINE 02 C200 004

千早もビックリするほどフラット!
LP500シリーズと言うとあのやり過ぎなまでのフェンダーですが
このモデルはリアに控えめなラインが付けられている程度。

でもリアのタイヤってこんな太いの・・・?
幅がブレーキランプと大差ないのだけど・・・。

HARIP MACHINE 02 C200 005HARIP MACHINE 02 C200 006

なんかあんまり熱の入っていないレビューになってしまいましたが
正直「うーん・・・」と言った印象。
実物見るまでは割とカッコ良いかなー?位でしたが、何と言うか時代を感じるデザインと言うか・・・。
モデルの出来は悪く無いと思います、寧ろストライプがしっかり入ってる所を見ると良い方なのでは。

しかし赤が出た!と言う報告をあまり見ないのはどうしてでしょう・・・。
たまたま当たっていない方のブログばかり回ったからでしょうか?
実在しない訳は無いでしょうし・・・。

HARIP MACHINE 02 C200 007

最後は白と、と思ったら白の方にピントがあって黒がぼけた!w

==

まさか「時代」が敵になるとは思っても見ませんでした。
むしろ旧い車の方が好きな私としてはショック。
どうしてもこの車に関しては「美しい」とか「カッコ良い」を抱けず。

・・・と言うかこの車のカラバリも何気地味だと気づく。
やっぱ蛍光グリーンとか無きゃ(ry  
Posted by takamoto_and_tiup at 00:23Comments(0)TrackBack(0)ミニカー関係 | 1/64ミニカー

August 05, 2010

オレンジも揃えたいほどの完成度。 -KYOSHO Lamborghini Collection III Murcielago LP 670-4 SV

→有言実行!(キリッ

と言う訳でやはりこのマシンから。
個人的にかなり期待を寄せていたマシンですから。
その上出来が上々ですから何時間でも眺めちゃって眺めちゃってw

・・・なんていうのは嘘ですが、本当眺めていられるモデルです。
京商さんは色々盗んでいくなぁ、特にお金とか!w

HARIP MACHINE 02 C200 001HARIP MACHINE 02 C200 002

(ちょっちブレ気味orz)
色々悩んだ結果黄色の方にしましたが色濃く見えてコレはいい感じに
(実際はもう少し薄いので山吹色っぽいです)
若干分かり辛いでしょうが、ホイールに艶出し処理が化されていてそれがまたGood。
細かい処理も申し分なくて整然とした雰囲気を出しております。

これで490円とか、昔のビーコレ涙目じゃ・・・w

HARIP MACHINE 02 C200 003HARIP MACHINE 02 C200 004

リアビュー、ウィングのカーボン処理・・・ってまた分かり辛いですね。
フードの難しい形状もこの通り、中々良い出来です。
で、これまた分かり辛いのですがしっかりエンジン再現もなされております。
しかしエグいリア、個人的にはレヴェントンより凄い事になってるように見えます。

ただハネのステーがコレだとちょっと野暮ったいですかね。
実車はしっかり抜けています。でもコストを考えると仕方ないのでしょうねー。

HARIP MACHINE 02 C200 006HARIP MACHINE 02 C200 007

さて今更実車のお話ですが、「史上最強」のランボルギーニとして誕生したこの「LP 670-4 SV」
しかしながらミウラが復活するらしく、しかもそちらが今度は「史上最強」のランボとなるとか。
何とも悲運な。

生産台数は350台(世界限定) そこまで法外な値段は付けられておらず、
その辺りが何ともランボルギーニらしいところ。(日本円にして約5000万)
(フェラーリなら構わず億越しにするようなスペックですし)
最近はアウディの手も入って『剛』のランボルギーニへ。安定感は元より「バーニング・ガヤルド」なランボルギーニの陰は消しきっているそうな。
(※ジェレミー談)

その他細かい所を見ても「お買い得感」がしてくるのは金銭感覚がおかしくなってるように思えてくる程。
アウディ恐るべし!w

==

しつこいようですが全体的に良い出来のモデルです。
うーん、どっかでオレンジ摘んでこようかなー、カラバリ揃えたくなったマシンは久々。

そう言えばムルシエラゴ R-GTの黒が何とシクレと同確率だったらしく、
手元にあるのがちょっと不思議になってきました。
・・・ま、確率云々と言うよりはアソの引きが良かったのでしょうね。
しかしこれとLP500Rの黒・金ホイール/白がシクレと同確率とか酷すぎるw
車種とカラバリの増やし過ぎですなw

・・・でもそう言われると白2台って余計にヘコむ。
片方が黒・金、ないしはシクレと言うミスアソなら・・・!と思わざるを得ない。
  
Posted by takamoto_and_tiup at 01:18Comments(0)TrackBack(0)ミニカー関係 | 1/64ミニカー

August 04, 2010

新作は全部完成してからの公開で。

→でも多分前半が一番面白い天海になりそうな悪寒。

久々に本気でノベマスやってます、いや期待出来るほどの出来ではないですよ!
ただとあるSE関係のCDを手に入れたら一気にグロ方面の臭いが・・・。

流石BBCぬかりねぇぜ!w

とりあえず1/10の所なんですよね今、夏公開間に合うのか?w
なんとか完成致しましたら復活&新作公開告知致します。
でもついった再開したお陰で作業がすす

そんな事は無くて実際うまーく行ってます、まだフォローしている方が少ないからかな?
なのでまだまだ伏せたままで、とかくしっかり作ります!

==

・・・ただ今のレベルからすると4段程落ちるのが凄く気残り。
流行の「ぐりぐり動くノベマス」ではないのですとだけ。
あそこまでやってたら多分年越す!w  
Posted by takamoto_and_tiup at 00:23Comments(0)TrackBack(0)ノベマス関係 

京商はいい仕事をした、泣かずに済んだ!w

→正直予想の斜め上。箱買い正解。

と言う訳で発売されました、コンビニミニカー京商ランボIII!
写真は今日は無いのですが、そのうちちょくちょくやります。
とにかくモデルの出来は久々に良いとこ来ました。
Super GTの奴では苦汁を舐めたので(一箱買ってペトロナス、ないわw)・・・。

個人的に一番のモデルはDiablo/Team JLOCのマッドブラック仕様。
これは凄い!ときめき専売のSVよりカッコイイがなw
もう少し薄い感じのフォルムならまんまリッジのデビルカーか何か。
威圧感バッチリ、「悪魔」?いいえ「魔王」です。

肝心のレースカー版は逆に「うーん」と言う感じ。
と言うのもこのサイズの場合少しでも手を抜くと安っぽく見えるんですよねー。
そういう所ではお金を掛けた分ペトロナスの方が見栄えは良いです。
相変わらずリアの造形が気に入りませんけど。(コレは元が悪い)

後は先ほど少しだけ触れた「すっごいはやいよ!(SV)」こと、
「ムルシエラゴ LP 670-4 スーパーヴェローチェ」

車高も割と落ちていますし、全体的に締まった雰囲気が○
黄色は若干薄いかなー?と感じましたが、アソに入ってた赤の方が塗りは綺麗。
オレンジはバルボーニ仕様と同じならばこちらも綺麗だと思います。
逆に黄色はハズレ色な予感。

LP500Rは基本的な処理以外、目立った点なし。思った以上に普通だ、とw
ちなみに自分のアソは白/白/黒・黒と白がダブってウラッコ君が一台。
どうせならブラーヴォが一台の方が良かった・・・。

ミウラコンセプトは意外とデカいと言う印象。正直これはいい意味で期待を裏切られた出来。
逆に期待したバルボーニは酷い。あの「情熱的な物質X」ことストライプは処理が汚め。
ついでミラーの処理も良く無いので個体によっては見るに耐えないのもあるのでは。
ちなみにエンジンフード上のストライプがズレてる個体が自分の所には入っていました。
・・・コレに関しては1/43等、他のを買った方が得策でしょう。

スーパーレジェーラは一世代前の仕様なのでもうバルボーニ以下。
レヴェントンは良い出来。LP500Rじゃなくてこちらのカラバリを増やして欲しかった。
白に黒にステルスブラック(と言うのだろうか?)ではイマイチぱっとせず。
モデルの出来が良いだけにカラーが相殺しているような。

そういう雰囲気がレヴェントンの持ち味なのでしょうけど・・・ランボルギーニと言えば「虫が寄り付きそうな蛍光色」が世界で一番似合うメーカーなのでやはりもっと派手にして欲しかったというのが本音。
・・・あ、カワサキはバイク業界なら一番ですよw

さて「なんだ型の使い回しか」と思われたR-GTですが・・・新型だコレ!
細かいところが見直されていてより「らしい」仕上がりになっています。
マフラーも塗り分けありますし、ディアブロに見られた安っぽさも幾らか軽減されています。
ちなみにこの車種にシクレがあるようですが・・・むー、新造なら欲しかった。
ヤフオクとかそのあたりを調べるとどんなものか見る事が出来ます。
テストカー風味・・・なのだろうかw

さて総括ですが、幾つか問題や不満を抱えるものの、
「箱買い間違いナシは譲れない」でしょう。ツブが良いコレですしね。
強いて言えばウラッコラリーではなくCM'sの方では出ていたシルエットの方が欲しかった、かな?w
ウラッコラリーは全体的に野暮ったいフォルムなのでもう少しシャープにした方がそれらしい。
あれは・・・何か「コーヒー2缶買うと付いてくるミニカー」的な出来に見える。

・・・あ、最後の最後でウラッコラリー忘れてたとかw
しかし1/43も良いけど、このサイズのミニカーも良いですね!w

次回は何のアソだろう・・・この出来を見るとちょっと楽しみになってきた。
  
Posted by takamoto_and_tiup at 00:10Comments(0)TrackBack(0)ミニカー関係 | 雑記・その他

August 02, 2010

そろそろ忘れ去られている頃だと信じたい。

→現在準備運動中。

Gentlemen~は16:9で上げ直すチャンスかも!と思い始めた今日この頃。
きちんと「活動再開だぜコノヤローッ!」って宣言してからですけど。
もう少し様子見、てな感じで。

ついでついった再開しました。名前はそのうち。
1週間程ですけど本気で辛かったです。見事に中毒ですね本当に(ry
今度からは注意に注意を重ねねば・・・。

いつまでも後ろ向きで居られない、前を見るんだ前を!

==

あ、でもミニカーブログ(笑)としてもきちんと活動せねば。
こちらも継続出来るようになればもっと前を向ける筈。頑張ろう。
  
Posted by takamoto_and_tiup at 00:27Comments(0)TrackBack(0)雑記・その他 | ノベマス関係