December 31, 2010

2010年も終わりが近づき、そろそろ2011年ですが・・・今年は濃かったような?

→音楽面では充実した一年でした。

とは言えニコマスにおいてもでも色んな変化がありましたが。
何がって言われると一番はコレですね。

im@shup/ノベマス/架空戦記系P→PV系Pに。

一気の転身でしたねー、とは言え今年の初めなんかに上げたのは
今見るとこっ恥ずかしくて死にたくなりますがw
・・・まぁ実際の所はPVに逃げてきた訳なんですけどね、ノベマスは底上がり過ぎw

その点PVなら色々好き勝手出来ますし、意外とこっちの方が向いてたのかも。
来年はもっと捻くれた動画作ります。

==

さて今回はその充実していた音楽面(そっち?)を振り返り、
「死ぬまでに聴いておいて良かった20曲選」をやってみたいと思います。
一応2010年時のものなので、これから先変わる事は・・・ありますw

それでは早速。

1.Just A Day/Feeder

豪快なサウンドに荒々しいヴォーカル。これ程楽しい楽曲もそうそうないですね。
頭空っぽにしてとにかく暴れながら聴けば色々吹っ切れる事間違いなし。
でもあんまり聴いてるとバカになっちゃいますよ?w

2.僕に、胸キュソ。(弱気なバカザンス)/O.M.Y.

正に「プロの犯行」と呼ぶに相応しき楽曲。何かズレてる何か気持ち悪い。でもクセになる。
本家よりも中毒性の高いカバー(?)には本家も認めるほどだとか。
O.M.Y.では「RYDEEN」のカバー「RYZEEN」もオススメ。酷いです。

3.ゲレンデがとけるほど恋したい/広瀬香美

何故か「ロマンスの神様」より知名度の低い本曲。
爽やかなメロディと抜けるような明るさ、そして歌詞ががいかにも冬向き。
2010年も色褪せない「名曲」 そしてこれからも冬になれば・・・。

4.Catch You Catch Me/グミ

伝説的なアニメ「カードキャプターさくら」のOP。
透き通ったヴォーカルと聴く者をうきうきさせるメロディはアニソンらしいアニソン。
・・・と言うか最近は変にカッコ付けすぎだと思う、これくらいで丁度良い。

5.E-wake/AKIRADEATH

「堕落した世の中に中指突き立ててデモか行進起こそうぜ!」
ただカッコイイだけじゃない、歌詞の過激さがヤバい、規制されてもおかしくない!
あれこれ御託並べる奴はまず聴け!その後首を吹っ飛ばしてやるから!

6.Party Started (With Mad Dog)/Art Of Fighters

「このパーティは止められねぇぜ、さぁ朝になるまで騒ぎ倒そうか!」
これぞ「AOF」と言った勢い、芯の強さ、MCの煽り!
今はただ踊って踊って踊りまくればそれでいいんだよ!

7.Now Is The Time (Hixxy & Trixxy Remix)/Scott Brown

「不朽のアンセムここにアリ、ハッピーになれりゃそれでヨシ!」
未だ尚根強い人気を持つScott Brownが生み出した最強ハピコア。
バカになって良いんだ、それでこそハピコアなんだ!w

8.Can't Escape The Chocolate Syrup/SHAKALABBITS

そんなシケた面してどーしたんだよ、まぁコレでも聴けよってな感じで。
実はずっと暖めてるPV案を持つ曲なんですけど、多分実現しません。
メルヘンな感じです、そう言う事です。でも可愛いだけじゃなくて、棘も鋭いですよ。

9.IF YOU WERE HERE/Jennifer

ダンスポップとしてはもう最高、心にグッと来ますね。
実はこれ洋楽じゃなくて邦楽・・・ってのはもう数年前の話ですね。
悲哀な雰囲気を持たせながらのこのノリ、正に日本のお家芸、でしょうか。

10.Empire/Hybrid

まるで映画のサントラのようなトラック、重厚で張り詰めた緊張感が6分丸々詰まってます。
テクノ?ロック?いえいえ「ハイブリッド」ですと言いたくなるような独特の雰囲気。
ジャンルに縛られない音楽がここにあります。

11.美しく青きドナウ/→Pia-no-jaC←

なんでこんなに楽しいのだろうか。体を動かさずにはいられない!
とにかく音が跳ねていて、聴いてるこちらにまで伝わってくるその躍動感。
「音楽を聴いていて良かった」と体感できるトラックです。

12.From Memory (Matrix Remix)/Mistabishi

楽しかったあの頃から見た今の自分は、どう見えるでしょうか?
単純ながら心に刺さる歌詞は思わず涙せずにはいられない「泣きドラムン」
ここからもう一度、何かを始めてはいかがでしょう。

13.5OUL ON D!SPLAY/Daiki Kasho

やってくれたな!と思わず嬉しくなった楽曲。心揺さぶられた。
と言うかもうMOTC降ろしちゃえば良かったのに、こっちOPで良かったよ。
ただただカッコイイ、何で人気出ないんだろうDaiki Kasho・・・。

14.A Happy Life/林原めぐみ

岡崎さんの方も知っていますがあえてこちらで。
全体的にほんわかと優しい雰囲気の漂う曲ですが、芯は強いです。
また林原さんの歌い方がとても良い!声優曲はどうも過小評価しがちな私ですがこの曲はオススメです。

15.Enter the Time Machine (DJ Mad Dog Mix)/Tha Playah

「Nightmare」シリーズ屈指のアンセム、これ掛ければハンズアップ間違いなし!
それ程ズルい楽曲です、無理矢理盛り上げられます。もう廃れないですねコレ。
正に永遠のダンスナンバー、ダンス出来ない?意地でやるんだそんなの。

16.Feeling High/Slippery Disco

3行も要りません、ここまで来て聴かないなんて選択肢、ありませんね。

17.I.n./Cycle

IIDXに収録されている「あの曲」クリソツなナンバー。
透明感溢れるドラムン、それじゃリキッド?いえいえしっかり「基」が強いです。
ドラムンの持つ疾走感を最大限に引き出したとも言える本曲、レア度も高し!

18.SigSig (DJ DEPATH&M-Project Remix)/kors k

SigSigのリミックスは数あれど、ここまでスペイン寄りなモノもあっただろうか?
実はかなり古いリミックスになるらしいですが、出来はズバ抜けてコレが一番。
恐らくこれから先もコレを越えるSigリミは出ないでしょう、正に「最強」です。

19.The Curse Of Ka'zar/Lemon Jelly

本来でしたらアルバム通して聴いていただきたいのですが・・・敢えてこの曲だけで。
以前欠いたように「小旅行」を終えて帰ってきた時に流れるような曲、と書きましたが
つまりEDとしては最高なんです、壮大で温かみのあるED、アルバムごとどうぞ。

20.いつか溶ける涙/savage genius

あえてエキストラトラックにはコレ、やっぱり最後はきっちりこちらに〆て頂きます。
本来でしたらCurseで終わり、てな感じですがこの曲を入れない訳にも・・・と。
と言う訳でこちらは暗い雰囲気のED(BAD END)で、ダメですか?w

==

こう選んでみると予想以上にアニソンが。やっぱそういう気質なんですかね?
ともあれもうそろそろ2011年!それでは皆様よいお年を!

  

Posted by takamoto_and_tiup at 02:33Comments(0)TrackBack(0)音楽関係 

December 12, 2010

タイトルは基本的に厨二(笑)てな感じで。

→今回は珍しく非公開なし、まぁそれだけ手を抜いたからどーでもいいって言う。

(im@s PV) 楽しかったあの頃を振り返るのは罪なのかい?

手を抜いた、とは言え最低限の事はやってます。BPM合わせくらいは。
ただシンクロもお世辞でも合っているとは言えないし、これと言ったキメもなく。
本当に映像の作り方以外では「平凡以下」だなぁ、とw

と言うのもこれのコンセプトの一つに
・Do-Daiを叙情的に魅せる
なんてのも含まれてまして、じゃあ下手にぶつ切りに・・・と言い訳したいのですけど
実際の所「どこでどう切ってどういう構成にした方が面白いか?」が思いつかなかったんですよw
なのであのまま、でもあれはあれで味があるかなぁw なんて。

また序盤に箱○の映像を挟み込んだのは尺足らず・・・ってのもありますが
箱→アケ(実際はSPだけど)と言う構想も含んでの演出です。
あの頃はよかったねーみたいなタイトルも間違っちゃいないですw

==

・・・しかし最近本当ダウン系ばっかりで嫌になるw
今度は馬鹿みたいに明るい奴作りたい。一応構想はあるんだけどw
ただ本気で難しい奴なので下手すると年明けるかも。

構想どおりに出来たら今度こそSSD挑戦したい。どうせまた逃げるだろうけどね!w
  
Posted by takamoto_and_tiup at 14:44Comments(0)TrackBack(0)PV関係 

December 05, 2010

QはAを兼ねる・・・多分。

→つまり・・・どういうことだってばよ!? どう言う事なんだキバヤシ!

(im@s PV) sO, HavE YoU FouNd A REaSoN To FigHT YeT? --

知るか自分の胸に聞け!w
と言う感じで今回はDrum'n'B@ss第二弾です。難産難産言いながらさぼってただけな気が。
ただエフェクトをアレだけ使ったのも珍しい気がする。縦に長かったなぁw
(※いっぺんに使って無いのでそんな風に見えないですけど)

ま、エフェクト使った分中身がかなり薄くなってしまったのは何と言うか私らしいと言うか。
どうにもアレを上手く演出にこぎつけるのは私には出来ないらしい。hmmm....

そう言えばタイトルは主コメから「ウォッチメン」ネタっぽいですが、個人的には寧ろ音ゲー(IIDX)ネタだったり。ちなみにタイトル自体はAC ZEROネタ。PJが死ぬあのシーンですね。
何でACなの?と言われると登録前に見てたのが「円卓の奇人」だったので・・・w
(英訳すると「The Madness lord of Round Table」? Demonより恐ろしいわ)

じゃあ何で主コメはウォッチメンなんだと突っ込まれたらそりゃあ・・・w
ちなみに嘘m@s期間と言う事で「あ、丁度よくね?」と思ったけど逐一Pの指を折りに来る伊織なんて嫌だなぁ、とか。流石にそれでありがとうございますって言えない。紳士の器小さいもん私。
・・・いや美希と春香じゃねぇのかって、実際の所鈴・・・サイドウォールさんにしたいですけど。
流石にDS未プレイなのに動画で使うのはちょっと・・・うーんw
2次創作でごっちゃにされてる状態なのでどうにも酷い方向にしかw

E「どうして・・・うちに?」
RS「センパイの顔が見たくて」
E「あと・・・それ私の?」
RS「・・・お腹空いてたので」
E「うん・・・それなら仕方ない?角砂糖も要る?」
RS「貰います」

何かちげぇ!w
よし逆にしてみようか。

R「あの、どうしてウチにセンパイが、それと何食べてるんデスか」
E「・・・もらってる?」
R「いやいいデスけど・・・せめて連絡くらい」
E「・・・まどろっこしい?」
R「もう良いデス・・・」

何か違うぞw
やっぱきちんとやってないとキャラが掴めないですな。

==

話を戻して、今回はとりあえず「エッジ!シャープ!」ってな感じで尖った映像を!と入れ込んでみました。
また今回も元(オフィシャル)PVを意識した作りで、色の強さ等を参考にしてあります。
・・・元が元だけに「私はカッコ良くしてやるぜ!」と思ったけど元より酷い出来。
流石にプロはそうそう超えられないですよね、くそうしかし次回はw

次回もアッパーテンポな曲でやれれば良いですけど、なんか80'sチックになりそうな予感。
と言うか逐一太字解除するの面倒なんですけどlivedoorさん、どうにかなんないの?w

  
Posted by takamoto_and_tiup at 21:23Comments(0)TrackBack(0)PV関係