January 01, 2011

京商に見た問題点、1/64の時代は終わりを告げた?

→一時期あんなに加熱(していたように見える)1/64は今や・・・。

と言うか家にある1/64放出したいって思うくらい。
こんなに酷かったかな、しっかりとした比較対象が無かったからか・・・?

あ、あけましておめでとう御座います。

==

さて今回家にMcLaren F1 GTR '97 BMW Motorsport LM #42が
2台(1/43 -hpi 1/64 Kyosho)揃いましたので、先にやられてる方と
ほぼ同じような感じで比較レビューをしてみたいと思います。

(※先に二度目を申しておきますがどちらも同じマシンです、本当です)

HARIP MACHINE 02 C200 006HARIP MACHINE 02 C200 007

まずはフロント、こう並べると京商のは最早別の物。
これじゃあまるでマクラーレン F1と言うよりはMosler MT900です。

なんと言うか「ぷっくり」してますよね、スマートには見えません。
hpiは流石に1/43と言うサイズにも助けられて綺麗にまとまってます。
もう少し「出っ歯」の部分を伸ばしてやれば良かったものの。

また京商は羽が低すぎますね、デフォルメ効かせてもうちょっと高くても良かったのでは?
ここからでも分かってしまう、と言うのは情けない姿。

横から見ると更なる問題点がありますね、ホイールアーチの形状がまるで違います。
hpiではしんなりした曲線を描いていますが、京商では最早「段差」
メリハリが利きすぎています、カナード(これは再現出来なくても仕方ないが)がないのでより。
なのでフロントに掛けてのラインも変わってしまってますね、これもまた「別な車」に見える要因のひとつ。

HARIP MACHINE 02 C200 008HARIP MACHINE 02 C200 009

(写真が下手ですみませんorz)

左ではNACAダクトの省略が見て取れます、何故外側だけ?
hpiでも穴が抜けている訳ではありませんが、それでもちゃんと再現はしています。
また真後ろから見ると全体的に「ぺちゃんこ」ですよね。
ただ平べったいだけになってしまっている、うーん・・・hpiを見るとそうでもないんですけどねぇ。

==

結論としては「デフォルメが甘い」のでしょう、hpiはサイズに合わせてきちんと詰めてあるという印象。
一方の京商は値段(850円)の割には「デカールだけ?」と言う印象に。
肝心のACO車検証もないので、割高感バリバリ。

比べちゃいけないかも知れませんが、1/64からこの世界に入った私としては比べたくなるんですよねー。
そこで「引けを取らない!」と言う事を証明出来るほど品質が高くなって欲しいですが・・・。
最近何処も1/64に関する発表が芳しく無いので、もうダメなのかなー、と。

と言う訳で2011年は1/43イヤーだと思います。いや去年あたりからそうなってましたがw
  

Posted by takamoto_and_tiup at 21:48Comments(0)TrackBack(0)1/43ミニカー