August 04, 2010

京商はいい仕事をした、泣かずに済んだ!w

→正直予想の斜め上。箱買い正解。

と言う訳で発売されました、コンビニミニカー京商ランボIII!
写真は今日は無いのですが、そのうちちょくちょくやります。
とにかくモデルの出来は久々に良いとこ来ました。
Super GTの奴では苦汁を舐めたので(一箱買ってペトロナス、ないわw)・・・。

個人的に一番のモデルはDiablo/Team JLOCのマッドブラック仕様。
これは凄い!ときめき専売のSVよりカッコイイがなw
もう少し薄い感じのフォルムならまんまリッジのデビルカーか何か。
威圧感バッチリ、「悪魔」?いいえ「魔王」です。

肝心のレースカー版は逆に「うーん」と言う感じ。
と言うのもこのサイズの場合少しでも手を抜くと安っぽく見えるんですよねー。
そういう所ではお金を掛けた分ペトロナスの方が見栄えは良いです。
相変わらずリアの造形が気に入りませんけど。(コレは元が悪い)

後は先ほど少しだけ触れた「すっごいはやいよ!(SV)」こと、
「ムルシエラゴ LP 670-4 スーパーヴェローチェ」

車高も割と落ちていますし、全体的に締まった雰囲気が○
黄色は若干薄いかなー?と感じましたが、アソに入ってた赤の方が塗りは綺麗。
オレンジはバルボーニ仕様と同じならばこちらも綺麗だと思います。
逆に黄色はハズレ色な予感。

LP500Rは基本的な処理以外、目立った点なし。思った以上に普通だ、とw
ちなみに自分のアソは白/白/黒・黒と白がダブってウラッコ君が一台。
どうせならブラーヴォが一台の方が良かった・・・。

ミウラコンセプトは意外とデカいと言う印象。正直これはいい意味で期待を裏切られた出来。
逆に期待したバルボーニは酷い。あの「情熱的な物質X」ことストライプは処理が汚め。
ついでミラーの処理も良く無いので個体によっては見るに耐えないのもあるのでは。
ちなみにエンジンフード上のストライプがズレてる個体が自分の所には入っていました。
・・・コレに関しては1/43等、他のを買った方が得策でしょう。

スーパーレジェーラは一世代前の仕様なのでもうバルボーニ以下。
レヴェントンは良い出来。LP500Rじゃなくてこちらのカラバリを増やして欲しかった。
白に黒にステルスブラック(と言うのだろうか?)ではイマイチぱっとせず。
モデルの出来が良いだけにカラーが相殺しているような。

そういう雰囲気がレヴェントンの持ち味なのでしょうけど・・・ランボルギーニと言えば「虫が寄り付きそうな蛍光色」が世界で一番似合うメーカーなのでやはりもっと派手にして欲しかったというのが本音。
・・・あ、カワサキはバイク業界なら一番ですよw

さて「なんだ型の使い回しか」と思われたR-GTですが・・・新型だコレ!
細かいところが見直されていてより「らしい」仕上がりになっています。
マフラーも塗り分けありますし、ディアブロに見られた安っぽさも幾らか軽減されています。
ちなみにこの車種にシクレがあるようですが・・・むー、新造なら欲しかった。
ヤフオクとかそのあたりを調べるとどんなものか見る事が出来ます。
テストカー風味・・・なのだろうかw

さて総括ですが、幾つか問題や不満を抱えるものの、
「箱買い間違いナシは譲れない」でしょう。ツブが良いコレですしね。
強いて言えばウラッコラリーではなくCM'sの方では出ていたシルエットの方が欲しかった、かな?w
ウラッコラリーは全体的に野暮ったいフォルムなのでもう少しシャープにした方がそれらしい。
あれは・・・何か「コーヒー2缶買うと付いてくるミニカー」的な出来に見える。

・・・あ、最後の最後でウラッコラリー忘れてたとかw
しかし1/43も良いけど、このサイズのミニカーも良いですね!w

次回は何のアソだろう・・・この出来を見るとちょっと楽しみになってきた。


Posted by takamoto_and_tiup at 00:10│Comments(0)TrackBack(0)ミニカー関係 | 雑記・その他

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/takamoto_and_tiup-quadrifogliop/661920

コメントする

名前
URL
 
  絵文字